日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

分離されているノードのネットワーク接続をリストア

寄稿者

サイトまたはグリッド全体の IP アドレスの変更など、特定の状況では、ノードの 1 つ以上のグループがグリッド内の他のノードと通信できない場合があります。

Grid Manager ( * support * > * Tools * > * Grid Topology * )で、ノードがグレーであるか、ノードの多数のサービスが Running 以外の状態で青になっている場合は、ノードの分離を確認します。

スクリーンショット

分離されているノードがあると、次のような影響があります。

  • 複数のノードが分離されていると、 Grid Manager へのサインインやアクセスができなくなる可能性があります。

  • 複数のノードが分離されている場合は、ダッシュボードに表示される Tenant Manager のストレージ使用量とクォータの値が最新でない可能性があります。合計はネットワーク接続が回復すると更新されます。

分離問題 を解決するには、グリッドから分離されている各分離ノードまたはグループ内の 1 つ(プライマリ管理ノードを含まないサブネット内のすべてのノード)で、コマンドラインユーティリティを実行します。このユーティリティは、グリッド内の分離されていないノードの IP アドレスをノードに提供します。これにより、分離されているノードまたはノードのグループがグリッド全体に再びアクセスできるようになります。

注記 マルチキャストドメインネームシステム( mDNS )がネットワークでディセーブルになっている場合は、独立した各ノードでコマンドラインユーティリティを実行する必要があります。
  1. ノードにアクセスし '/var/local/log/dynip.log で分離メッセージを確認します

    例:

    [2018-01-09T19:11:00.545] UpdateQueue - WARNING -- Possible isolation, no contact with other nodes.
    If this warning persists, manual action may be required.

    VMware コンソールを使用している場合は、ノードが分離された可能性があることを示すメッセージが含まれます。

    Linux 環境では、隔離メッセージは /var/log/storagegrid/node/<nodename> .log ファイルに表示されます。

  2. 分離に関するメッセージが繰り返し表示され、保持されている場合は、次のコマンドを実行します。

    add_node_ip.py < アドレス >`

    ここで '<address>' は ' グリッドに接続されているリモート・ノードの IP アドレスです

    # /usr/sbin/add_node_ip.py  10.224.4.210
    
    Retrieving local host information
    Validating remote node at address 10.224.4.210
    Sending node IP hint for 10.224.4.210 to local node
    Local node found on remote node. Update complete.
  3. 分離されていた各ノードについて、次の点を確認します。

    • ノードのサービスが開始されている。

    • storagegrid-status コマンドを実行した後、 Dynamic IP Service のステータスは「 running 」です。

    • グリッドトポロジツリーで、ノードがグリッド内の他のノードから切断されていない状態になっている。

重要 「 add_node_ip.py 」コマンドを実行しても問題が解決しない場合は、解決が必要なその他のネットワーク問題が存在する可能性があります。