日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

[ リカバリの開始 ] を選択して、非プライマリ管理ノードを設定します

寄稿者

非プライマリ管理ノードを交換したら、 Grid Manager で Start Recovery を選択して、新しいノードを障害ノードの代わりとして設定する必要があります。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • Maintenance または Root Access 権限が必要です。

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

  • 交換用ノードの導入と設定が完了している必要があります。

手順
  1. Grid Manager から * maintenance * > * Tasks * > * Recovery * を選択します。

  2. リカバリするグリッドノードを Pending Nodes リストで選択します。

    ノードは障害が発生するとリストに追加されますが、再インストールされてリカバリの準備ができるまでは選択できません。

  3. プロビジョニングパスフレーズ * を入力します。

  4. [ リカバリの開始 ] をクリックします。

    Maintenance > Recovery ページを示すスクリーンショット
  5. リカバリ中のグリッドノードテーブルで、リカバリの進行状況を監視します。

    注記 リカバリ手順 の実行中に [* リセット ] をクリックすると、新しいリカバリを開始できます。情報ダイアログボックスが表示され、手順 をリセットするとノードが不確定な状態のままになることが示されます。
    リカバリのリセットに関する警告を示すダイアログボックスのスクリーンショット

    手順 をリセットしたあとにリカバリを再試行する場合は、次の手順でノードをインストール前の状態にリストアする必要があります。

    • * vmware * :導入した仮想グリッドノードを削除します。その後、リカバリを再開する準備ができたら、ノードを再導入します。

    • Linux: Linux ホスト上で次のコマンドを実行してノードを再起動します StorageGRID node force-recovery_node-name_

    • * アプライアンス * :手順 をリセットした後にリカバリを再試行する場合は ' ノードで sgareinstall を実行することにより ' アプライアンス・ノードをインストール前の状態にリストアする必要があります

  6. StorageGRID システムでシングルサインオン( SSO )が有効になっており、リカバリした管理ノードの証明書利用者信頼がデフォルトの管理インターフェイス証明書を使用するように設定されている場合は、ノードの証明書利用者信頼を Active Directory フェデレーションサービス( AD FS )で更新(削除および再作成)します。管理ノードのリカバリプロセス中に生成された新しいデフォルトサーバ証明書を使用します。

    注記 証明書利用者信頼を設定するには、 StorageGRID の管理手順を参照してください。デフォルトのサーバ証明書にアクセスするには、管理ノードのコマンドシェルにログインします。/var/local/mgmt-api' ディレクトリに移動し 'server.crt' ファイルを選択します