日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

手順 2 :詳細を表示する

寄稿者

運用停止サイトウィザードの手順 2 (詳細を表示)では、サイトに含まれているノード、各ストレージノードで使用されているスペースの量、およびグリッド内の他のサイトで利用可能な空きスペースの量を確認できます。

サイトの運用を停止する前に、サイトに格納されているオブジェクトデータの量を確認する必要があります。

  • 接続されたサイトの運用停止処理を実行する場合は、 ILM を更新する前にサイトに現在存在しているオブジェクトデータの量を把握しておく必要があります。サイトの容量とデータ保護のニーズに基づいて、新しい ILM ルールを作成して、データを他のサイトに移動したり、サイトからオブジェクトデータを削除したりできます。

  • 可能であれば、運用停止手順 を開始する前にストレージノードを拡張する必要があります。

  • 切断されたサイトの運用停止処理を実行する場合は、サイトを削除した時点で永続的にアクセスできなくなるオブジェクトデータの量を把握しておく必要があります。

重要 切断されたサイトの運用停止を実行する場合、 ILM はオブジェクトデータを移動または削除できません。サイトに残っているデータはすべて失われます。ただし、単一サイトの損失を防ぐように ILM ポリシーが設計されている場合、オブジェクトデータのコピーは残りのサイトに残ります。
手順
  1. 手順 2 (詳細の表示)で、削除するように選択したサイトに関連する警告を確認します。

    運用停止サイトの手順 2 サイトの警告

    次の場合は警告が表示されます。

    • サイトにゲートウェイノードが含まれている。S3 および Swift クライアントがこのノードに接続中の場合は、別のサイトに同じノードを設定する必要があります。手順 の運用停止を続行する前に、クライアントが交換用ノードに接続できることを確認してください。

    • サイトには、接続された(アイコンアラートの緑のチェックマーク)および切断されているノード(アイコンのアラームグレーが管理上ダウンしています または アイコンアラーム青不明)。このサイトを削除する前に、すべてのオフラインノードをオンラインに戻す必要があります。

  2. 削除するように選択したサイトの詳細を確認します。

    運用停止サイトステップ 2 詳細の表示

    選択したサイトについては、次の情報が表示されます。

    • ノードの数

    • サイト内のすべてのストレージノードの使用済みスペース、空きスペース、および容量の合計。

      • 接続されているサイトの運用停止の場合、「使用済みスペース」の値は、 ILM を使用して他のサイトに移動または削除する必要があるオブジェクトデータの量を表します。

      • 切断されたサイトの運用停止処理の場合、サイトを削除したときにアクセスできなくなるオブジェクトデータの量は「 * Used Space * 」の値で示されます。

    • ノード名、タイプ、および接続状態:

      • アイコンアラートの緑のチェックマーク (接続済み)

      • アイコンのアラームグレーが管理上ダウンしています (意図的な停止)

      • アイコンアラーム青不明 (不明)

    • 各ノードの詳細:

      • 各ストレージノードについて、オブジェクトデータに使用されているスペースの量。

      • 管理ノードとゲートウェイノードの場合、ノードが現在ハイアベイラビリティ( HA )グループで使用されているかどうか。HA グループで使用されている管理ノードまたはゲートウェイノードの運用を停止することはできません。運用停止を開始する前に、 HA グループを編集して、サイトのすべてのノードを削除する必要があります。または、このサイトのノードだけが含まれている HA グループを削除することもできます。

  3. ページの詳細セクションで、グリッド内の他のサイトで利用可能なスペースを評価します。

    運用停止サイトステップ 2 他サイトの詳細の表示

    接続されたサイトの運用停止処理を実行していて、 ILM を使用して(削除するだけでなく)選択したサイトからオブジェクトデータを移動する場合は、移動されたデータに対応できる十分な容量を他のサイトに確保し、将来の拡張に備えて十分な容量を確保する必要があります。

    注記 削除するサイトの * 使用済みスペース * が、他のサイトの * 合計空きスペース * より大きい場合、警告が表示されます。サイトの削除後に十分なストレージ容量が確保されるようにするために、この手順 を実行する前に拡張の実行が必要になる場合があります。
  4. 「 * 次へ * 」を選択します。

    手順 3 ( ILM ポリシーの改訂)が表示されます。