日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードの運用停止をトラブルシューティングする

寄稿者

エラーが原因でノードの手順 の運用が停止した場合は、特定の手順に従って問題のトラブルシューティングを実施できます。

を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

運用停止処理中のグリッドノードをシャットダウンすると、グリッドノードが再起動されるまでタスクが停止します。グリッドノードはオンラインである必要があります。

手順
  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. グリッドトポロジツリーで各ストレージノードエントリを展開し、 DDS サービスと LDR サービスがオンラインになっていることを確認します。

    ストレージノードの運用停止を実行するには、オンラインのノード / サイトの運用停止処理の開始時にすべてのノードおよびすべてのサービスが正常な状態である必要があります。

  3. アクティブなグリッドタスクを表示するには、「 * primary Admin Node * > * CMN * > * Grid Tasks * > * Overview * 」を選択します。

  4. グリッドタスクの運用停止のステータスを確認します。

    1. グリッドタスクの運用停止ステータスがグリッドタスクバンドルの保存の問題を示している場合は、「 * プライマリ管理ノード * > * CMN * > * Events * > * Overview * 」を選択します

    2. 使用可能な監査リレーの数を確認します。

      Available Audit Relay 属性が 1 つ以上の場合、 CMN サービスは少なくとも 1 つの ADC サービスに接続されています。ADC サービスは監査リレーとして機能します。

    グリッドタスクで運用停止処理をあるステージから別のステージに進めて終了させるには、 CMN サービスが少なくとも 1 つの ADC サービスに接続され、かつ StorageGRID システムの ADC サービスの過半数( 50%+1 )が使用可能である必要があります。

    1. CMN サービスが十分な数の ADC サービスに接続されていない場合は、ストレージノードがオンラインであることを確認し、プライマリ管理ノードとストレージノードの間のネットワーク接続を確認します。