日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Grid ネットワークのサブネットを更新します

寄稿者

StorageGRID は、グリッドネットワーク( eth0 )上のグリッドノード間の通信に使用されるネットワークサブネットのリストを管理します。このエントリには、 StorageGRID システムの各サイトでグリッドネットワークに使用されているサブネット、およびグリッドネットワークゲートウェイ経由でアクセスされる NTP 、 DNS 、 LDAP 、またはその他の外部サーバに使用されるサブネットが含まれます。グリッドノードまたは新しいサイトを追加した場合は、サブネットの更新、またはグリッドネットワークへのサブネットの追加が必要になることがあります。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • Maintenance または Root Access 権限が必要です。

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

  • 設定するサブネットのネットワークアドレスを CIDR 表記で指定する必要があります。

新しいサブネットの追加を含む拡張アクティビティを実行する場合は、拡張手順 を開始する前に新しいグリッドサブネットを追加する必要があります。

手順
  1. [* maintenance * (メンテナンス * ) ] > [* Network * (ネットワーク * ) ] > [* Grid Network (グリッドネットワーク * )

    この図には説明が付随しています。
  2. サブネットのリストで、プラス記号をクリックして、 CIDR 表記の新しいサブネットを追加します。

    たとえば、「 10.96.104.0/22 」と入力します。

  3. プロビジョニングパスフレーズを入力し、 * Save * をクリックします。

    指定したサブネットが、 StorageGRID システムに対して自動的に設定されます。

  4. Grid Manager から新しいリカバリパッケージをダウンロードします。

    1. [* maintenance * (メンテナンス) ] > [* System * (システム * ) ] > [* Recovery packツケ (リカバリパッケージ * )

    2. プロビジョニングパスフレーズを入力します。