日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DoNotStart ファイルを使用します

寄稿者

テクニカルサポートの指示の下でメンテナンスや設定の手順を実行している場合は、 Server Manager の起動時または再起動時にサービスが開始されないように、 DoNotStart ファイルを使用するよう求められることがあります。

重要 DoNotStart ファイルは、テクニカルサポートから指示があった場合のみ追加または削除してください。

サービスが開始されないようにするには、そのサービスのディレクトリに DoNotStart ファイルを配置します。Server Manager は起動時に DoNotStart ファイルを検索し、ファイルが存在する場合、サービス(およびそれに依存するサービス)は開始されません。DoNotStart ファイルを削除すると、停止されていたサービスは、 Server Manager が次回起動または再起動したときに開始されます。DoNotStart ファイルを削除しても、サービスは自動的には開始されません。

すべてのサービスを再開しないようにする最も効率的な方法は、 NTP サービスを開始しないようにすることです。すべてのサービスは NTP サービスに依存しているため、 NTP サービスが実行されていない場合は実行できません。