日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アラート用の E メール通知を設定します

寄稿者

アラート発生時に E メール通知が送信されるようにするには、 SMTP サーバに関する情報を指定する必要があります。また、アラート通知の受信者の E メールアドレスを入力する必要があります。

必要なもの

アラームとアラートは別々のシステムであるため、アラート通知に使用される E メール設定は、アラーム通知と AutoSupport メッセージには使用されません。ただし、すべての通知に同じ E メールサーバを使用できます。

StorageGRID 環境に複数の管理ノードが含まれている場合は、アラート通知の優先送信者となる管理ノードを選択できます。同じ「優先送信者」は、アラーム通知と AutoSupport メッセージにも使用されます。デフォルトでは、プライマリ管理ノードが選択されます。詳細については、を参照してください StorageGRID の管理手順

手順
  1. [* alerts*>] > [* Email setup*] を選択します。

    [ 電子メールの設定 ] ページが表示されます。

    アラート E メールセットアップが無効になりました
  2. [ 電子メール通知を有効にする *] チェックボックスをオンにして、アラートが設定されたしきい値に達したときに通知電子メールを送信するように指定します。

    電子メール( SMTP )サーバー、 Transport Layer Security ( TLS )、電子メールアドレス、およびフィルタセクションが表示されます。

  3. 電子メール( SMTP )サーバーセクションで、 StorageGRID が SMTP サーバーにアクセスするために必要な情報を入力します。

    SMTP サーバで認証が必要な場合は、ユーザ名とパスワードの両方を指定する必要があります。

    フィールド 入力するコマンド

    メールサーバ

    SMTP サーバの完全修飾ドメイン名( FQDN )または IP アドレス。

    ポート

    SMTP サーバへのアクセスに使用するポート。1~65535 の範囲で指定する必要があります。

    ユーザ名(オプション)

    SMTP サーバで認証が必要な場合は、認証に使用するユーザ名を入力します。

    パスワード(オプション)

    SMTP サーバで認証が必要な場合は、で認証するためのパスワードを入力します。

    アラート E メール SMTP サーバ
  4. [ 電子メールアドレス ] セクションで、送信者と各受信者の電子メールアドレスを入力します。

    1. * 送信者電子メールアドレス * には、アラート通知の送信元アドレスとして使用する有効な電子メールアドレスを指定します。

      たとえば、「 storagegrid-alerts@example.com 」と入力します

    2. [ 受信者 ] セクションで、電子メールリストごとに電子メールアドレスを入力するか、アラートが発生したときに電子メールを受信する必要があるユーザーを入力します。

      プラスアイコンを選択します プラスアイコン をクリックします。

    アラートの E メール受信者
  5. SMTP サーバとの通信に Transport Layer Security ( TLS )が必要な場合は、 Transport Layer Security ( TLS )セクションで * Require TLS * を選択します。

    1. [CA 証明書 *] フィールドに、 SMTP サーバの識別に使用する CA 証明書を入力します。

      このフィールドに内容をコピーして貼り付けることも、「 * 参照」を選択してファイルを選択することもできます。

      各中間発行認証局( CA )の証明書を含む単一のファイルを指定する必要があります。このファイルには、 PEM でエンコードされた各 CA 証明書ファイルが、証明書チェーンの順序で連結して含まれている必要があります。

    2. SMTP 電子メールサーバーが認証用のクライアント証明書を提供するために電子メール送信者を必要とする場合は、 [ クライアント証明書の送信 *] チェックボックスをオンにします。

    3. [ * クライアント証明書 * ] フィールドに、 SMTP サーバに送信する PEM でエンコードされたクライアント証明書を入力します。

      このフィールドに内容をコピーして貼り付けることも、「 * 参照」を選択してファイルを選択することもできます。

    4. [Private Key] フィールドに、クライアント証明書の秘密鍵を暗号化されていない PEM エンコードで入力します。

      このフィールドに内容をコピーして貼り付けることも、「 * 参照」を選択してファイルを選択することもできます。

      注記 E メールのセットアップを編集する必要がある場合は、鉛筆のアイコンを選択してこのフィールドを更新します。
    アラートの E メール TLS
  6. [ フィルタ ] セクションで、特定のアラートのルールがサイレント化されていない限り、電子メール通知を行うアラート重大度レベルを選択します。

    重大度 説明

    マイナー、メジャー、クリティカルです

    アラートルールの Minor 、 Major 、 Critical のいずれかの条件が満たされたときに、 E メール通知が送信されます。

    メジャー、クリティカルです

    アラートルールの Major または Critical の条件が満たされたときに、 E メール通知が送信されます。Minor アラートの場合、通知は送信されません。

    重大な問題のみ

    アラートルールの Critical 条件が満たされたときにのみ、 E メール通知が送信されます。Minor または Major アラートの場合、通知は送信されません。

    アラート電子メールフィルタ
  7. E メールの設定をテストする準備ができたら、次の手順を実行します。

    1. [ テストメールの送信 ] を選択します。

      テスト用 E メールが送信されたことを示す確認メッセージが表示されます。

    2. すべての E メール受信者の受信ボックスを調べて、テスト用 E メールが受信されたことを確認します。

      注記 数分以内に電子メールが受信されない場合、または * 電子メール通知エラー * アラートがトリガーされた場合は、設定を確認してから再試行してください。
    3. 他の管理ノードにサインインし、テスト用 E メールを送信してすべてのサイトからの接続を確認します。

      注記 アラート通知をテストするときは、すべての管理ノードにサインインして接続を確認する必要があります。これは、すべての管理ノードがテスト E メールを送信する、アラーム通知と AutoSupport メッセージをテストするのとは異なります。
  8. [ 保存( Save ) ] を選択します。

    テスト用 E メールを送信しても設定は保存されません。[ 保存( Save ) ] を選択する必要があります。

    E メール設定が保存されます。

アラート E メール通知に記載される情報

SMTP E メールサーバを設定すると、アラートルールがサイレンスによって停止されていないかぎり、アラートがトリガーされたときに E メール通知が指定の受信者に送信されます。を参照してください アラート通知をサイレント化する

E メール通知には次の情報が含まれます。

アラートの E メール通知
コールアウト 説明

1.

アラートの名前と、そのアラートのアクティブなインスタンスの数。

2.

アラートの概要 。

3.

アラートの推奨される対処方法。

4.

アラートのアクティブな各インスタンスに関する詳細情報。対象となるノードとサイト、アラートの重大度、アラートルールがトリガーされた UTC 時間、影響を受けるジョブとサービスの名前などが含まれます。

5.

通知を送信した管理ノードのホスト名。

アラートのグループ化方法

StorageGRID は、アラートがトリガーされたときに大量の E メール通知が送信されないように、複数のアラートを同じ通知にまとめます。

StorageGRID で複数のアラートを E メール通知でグループ化する例については、次の表を参照してください。

動作

各アラート通知は、同じ名前のアラートにのみ適用されます。名前が異なる 2 つのアラートが同時にトリガーされると、 2 つの E メール通知が送信されます。

  • アラート A は 2 つのノードで同時にトリガーされます。1 つの通知のみが送信されます。

  • アラート A はノード 1 でトリガーされ、アラート B はノード 2 で同時にトリガーされます。2 つの通知が送信されます各アラートに 1 つずつ送信されます

特定のノードの特定のアラートが複数の重大度のしきい値に達した場合は、最も重大度の高いアラートに関してのみ通知が送信されます。

  • アラート A がトリガーされ、 Minor 、 Major 、 Critical の各アラートしきい値に達した場合重大アラートに対して 1 つの通知が送信されます。

あるアラートが初めてトリガーされた場合、 StorageGRID は 2 分待ってから通知を送信します。この時間内に同じ名前のアラートがほかにもトリガーされた場合、 StorageGRID はすべてのアラートを最初の通知の最初のグループにまとめます

  1. アラート A は、ノード 1 で 08 : 00 にトリガーされます。通知は送信されません。

  2. ノード 2 の 08 : 01 でアラート A がトリガーされます。通知は送信されません。

  3. 08:02 で、アラートの両方のインスタンスを報告する通知が送信されます。

同じ名前の別のアラートがトリガーされた場合、 StorageGRID は 10 分待ってから新しい通知を送信します。新しい通知では、以前に報告されたものも含めて、アクティブなアラート(サイレント化されていない現在のアラート)がすべて報告されます。

  1. アラート A は、ノード 1 で 08 : 00 にトリガーされます。通知が 08:02 に送信されます。

  2. アラート A は、ノード 2 の 08 : 05 でトリガーされます。2 回目の通知は 8 : 15 ( 10 分後)に送信されます。両方のノードが報告されます。

同じ名前の現在のアラートが複数あり、そのうちの 1 つのアラートが解決された場合、そのアラートが解決されたノードでアラートが再度発生しても新しい通知は送信されません。

  1. アラート A はノード 1 に対してトリガーされます。通知が送信されます。

  2. アラート A がノード 2 に対してトリガーされます。2 回目の通知が送信されます。

  3. アラート A はノード 2 について解決されましたが、ノード 1 に対してはアクティブなままです。

  4. アラート A がノード 2 に対して再度トリガーされます。ノード 1 のアラートがまだアクティブなため、新しい通知は送信されません。

StorageGRID は、アラートのすべてのインスタンスが解決されるか、アラートルールがサイレント化されるまで、 7 日ごとに E メール通知を送信します。

  1. 3 月 8 日にノード 1 のアラート A がトリガーされます。通知が送信されます。

  2. アラート A が解決されていないか、サイレント化されていその他の通知は 3 月 15 日、 3 月 22 日、 3 月 29 日などに送信されます。

アラート E メール通知のトラブルシューティング

  • Email notification failure * アラートがトリガーされた場合、またはテストアラート E メール通知を受信できない場合は、次の手順に従って問題 を解決します。

必要なもの
手順
  1. 設定を確認します。

    1. [* alerts*>] > [* Email setup*] を選択します。

    2. E メール( SMTP )サーバの設定が正しいことを確認します。

    3. 受信者の有効な E メールアドレスが指定されていることを確認します。

  2. スパムフィルタを確認し、 E メールが迷惑メールフォルダに送信されていないことを確認します。

  3. E メール管理者に依頼して、送信者アドレスからの E メールがブロックされていないことを確認します。

  4. 管理ノードのログファイルを収集し、テクニカルサポートに連絡します。

    テクニカルサポートは、ログの情報を参考に問題の原因を特定します。たとえば、指定したサーバに接続するときに、 prometheus.log ファイルにエラーが表示されることがあります。