日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

情報ライフサイクル管理を監視

寄稿者

Information Lifecycle Management ( ILM ;情報ライフサイクル管理)システムは、グリッドに格納されているすべてのオブジェクトのデータ管理を提供します。ILM 処理を監視して、グリッドが現在の負荷を処理できるかどうか、またはリソースの追加が必要かどうかを判断する必要があります。

を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

StorageGRID システムは、アクティブな ILM ポリシーを適用することでオブジェクトを管理します。ILM ポリシーとそれに関連付けられた ILM ルールによって、作成されるコピーの数、作成先、コピーの配置場所、各コピーの保持期間が決まります。

オブジェクトの取り込みやその他のオブジェクト関連アクティビティが StorageGRID で評価される速度を超えると、 ILM 配置手順をほぼリアルタイムで実行できないオブジェクトがキューに登録される可能性があります。StorageGRID がクライアント処理に対応しているかどうかを監視するには、 Awaiting - Client 属性をグラフ化します。

この属性をグラフ化するには:

  1. Grid Manager にサインインします。

  2. ダッシュボードで、 Information Lifecycle Management ( ILM ;情報ライフサイクル管理)パネルの * Awaiting - Client * エントリを探します。

  3. グラフアイコンをクリックします グラフアイコン

次の例のグラフは、 ILM 評価を待機しているオブジェクトの数が一時的に増加したあと、最終的に減少したことを示しています。このような傾向は、 ILM をほぼリアルタイムで処理することが一時的に不可能になったことを示しています。

待機中 - クライアントと時間チャート

Awaiting - Client のグラフで一時的な急増が予想されます。ただし、グラフに表示される値が増え続ける一方で低下しない場合は、より多くのリソースを効率的に運用する必要があります。追加のストレージノードがある場合や、 ILM ポリシーによってオブジェクトがリモートサイトに配置される場合は、より多くのネットワーク帯域幅が必要になります。

ノード * ページを使用して、 ILM キューをさらに調査できます。

手順
  1. [* nodes (ノード) ] を選択します

  2. grid name>*ilm * を選択します。

  3. ILM キューのグラフにカーソルを合わせると、特定の時点における次の属性の値が表示されます。

    • * Objects queued ( from client operations ) * :クライアント処理(取り込みなど)のために ILM による評価を待機しているオブジェクトの総数。

    • * Objects queued ( from all operations ) * : ILM による評価を待機しているオブジェクトの総数。

    • * Scan rate ( objects/sec ) * :グリッドのオブジェクトがスキャンされて ILM のキューに登録される速度。

    • * 評価速度(オブジェクト数 / 秒) * :グリッド内の ILM ポリシーに照らしてオブジェクトが評価されている現在の速度。

  4. ILM キューセクションで、次の属性を確認します。

    注記 ILM キューのセクションはグリッドのみを対象としています。この情報は、サイトまたはストレージノードの ILM タブには表示されません。
    • * スキャン期間 - 推定 * : ILM によるすべてのオブジェクトのフルスキャンが完了するまでの推定時間。

      注記 フルスキャンが完了しても、 ILM がすべてのオブジェクトに適用されるとは限りません。
    • * Repairs Attempted * :レプリケートデータの修復処理が試行されたオブジェクトの総数。この数は、ストレージノードがハイリスクオブジェクトの修復を試みるたびに増分します。グリッドがビジー状態になった場合は、リスクの高い ILM の修復が優先されます。

      注記 修復後にレプリケーションに失敗した場合は、同じオブジェクトの修復で再び増分される可能性があります。

    これらの属性は、ストレージノードのボリュームリカバリの進捗状況を監視する場合に役立ちます。試行された修理の回数が増えなくなり、完全スキャンが完了した場合は、修理が完了している可能性があります。