日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オブジェクト検証処理を監視する

寄稿者

StorageGRID システムは、ストレージノード上のオブジェクトデータの整合性を検証して、オブジェクトの破損や欠落の有無を確認します。

必要なもの

2 つ 検証プロセス 連携してデータの整合性を確保:

  • * バックグラウンド検証 * は、オブジェクトデータの正確性を継続的にチェックするために自動的に実行されます。

    バックグラウンド検証では、すべてのストレージノードが自動的かつ継続的にチェックされて、レプリケートオブジェクトデータとイレイジャーコーディングオブジェクトデータのコピーが破損していないかどうかが確認されます。問題が見つかった場合、 StorageGRID システムは、システム内の別の場所に格納されているコピーから、破損したオブジェクトデータを自動的に置き換えます。バックグラウンド検証は、アーカイブノードやクラウドストレージプール内のオブジェクトに対しては実行されません。

    注記 自動的に修正できない破損オブジェクトが検出されると、「 * 未確認 Corrupt object detected * 」アラートがトリガーされます。
  • * オブジェクトの存在チェック * は、オブジェクトデータの有無(正確性ではなく)をより迅速に確認するためにユーザによってトリガーされます。

    オブジェクトの存在チェックでは、オブジェクトとイレイジャーコーディングフラグメントの想定されるレプリケートコピーがすべてストレージノードに存在するかどうかが検証されます。オブジェクトの存在チェックは、ストレージデバイスの整合性を検証する手段を提供します。特に、最新のハードウェア問題 がデータの整合性に影響を与える可能性がある場合に役立ちます。

バックグラウンド検証の結果を定期的に確認し、オブジェクトの存在をチェックする必要があります。オブジェクトデータの破損や欠落が見つかった場合は、すぐに調べてルート原因 を特定します。

手順
  1. バックグラウンド検証の結果を確認します。

    1. ノード * > * _ ストレージノード _ * > * オブジェクト * を選択します。

    2. 検証結果を確認します。

      • レプリケートされたオブジェクトデータの検証を確認するには、 Verification セクションの属性を確認します。

        Nodes > Storage Node > Object > Verification の順に選択します
      • イレイジャーコーディングフラグメントの検証を確認するには、「 * _ ストレージノード _ * > * ILM * 」を選択し、イレイジャーコーディングの検証セクションの属性を確認します。

        Nodes > ストレージノード > ILM > EC Verification の略

    疑問符を選択します 疑問符 をクリックして、ヘルプテキストを表示します。

  2. オブジェクト存在チェックジョブの結果を確認します。

    1. [* maintenance * (メンテナンス * ) ] > [* Object existence check * (オブジェクトの存在確認 * ) ] > [* Job history * (ジョブ

    2. Missing object copies Detected 列をスキャンします。ジョブによって 100 個以上のオブジェクトコピーが欠落していた場合、およびでそれらのジョブが実行されています Objects lost アラート がトリガーされました。テクニカルサポートに連絡してください。

      オブジェクトの存在チェックジョブ履歴