日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PUT / GET パフォーマンスを監視

寄稿者

オブジェクトストアや読み出しなどの特定の処理のパフォーマンスを監視して、詳しい調査が必要な変更を特定することができます。

PUT および GET パフォーマンスを監視するには、ワークステーションから直接、またはオープンソースの S3tester アプリケーションを使用して、 S3 および Swift コマンドを実行します。これらの方法を使用すると、クライアントアプリケーションの問題や外部ネットワークの問題など、 StorageGRID の外部にある要因とは関係なくパフォーマンスを評価できます。

PUT 処理と GET 処理のテストを実行するときは、次のガイドラインに従ってください。

  • グリッドに通常取り込むオブジェクトと同等のサイズのオブジェクトを使用します。

  • ローカルサイトとリモートサイトの両方に対して処理を実行します。

のメッセージ 監査ログ 特定の処理の実行に必要な合計時間を示します。たとえば、 S3 GET 要求に対する合計処理時間を確認するには、 SGET 監査メッセージの TIME 属性の値を確認します。次の処理の監査メッセージで TIME 属性を確認することもできます。

  • * S3 * : DELETE 、 GET 、 HEAD 、 Metadata Updated 、 POST 、 PUT

  • * Swift * : DELETE 、 GET 、 HEAD 、 PUT

結果を分析する際には、要求を満たすために必要な平均時間と、達成可能な全体的なスループットを確認します。同じテストを定期的に繰り返し、調査が必要な傾向を特定できるように結果を記録します。