日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Storage Status ( SSTS )アラームをトラブルシューティングします

寄稿者

Storage Status ( SSTS )アラームは、ストレージノードにオブジェクトストレージ用の十分な空きスペースが残っていない場合にトリガーされます。

必要なもの

ストレージノード内のすべてのボリュームの空きスペース量が Storage Volume Soft Read Only Watermark ( * configuration * > * System * > * Storage options * )の値を下回ると、 SSTS ( Storage Status )アラームが Notice レベルでトリガーされます。

ストレージオプションの概要

たとえば、 Storage Volume Soft Read-Only Watermark がデフォルト値の 10GB に設定されているとします。ストレージノード内の各ストレージボリュームに残っている使用可能スペースが 10GB 未満になると、 SSTS アラームがトリガーされます。いずれかのボリュームに 10GB 以上の空き容量があれば、アラームはトリガーされません。

SSTS アラームがトリガーされた場合は、次の手順を実行して問題 を詳しく把握する必要があります。

手順
  1. support>* Alarms (レガシー) > Current alarms * を選択します。

  2. Service 列で、 SSTS アラームに関連付けられているデータセンター、ノード、およびサービスを選択します。

    Grid Topology ページが表示されます。Alarms タブには、選択したノードおよびサービスのアクティブなアラームが表示されます。

    Storage Node > LDR > Storage > Alarms タブの順にクリックします

    この例では、 SSTS ( Storage Status )アラームと SAVP ( Total Usable Space ( Percent ))アラームの両方が Notice レベルでトリガーされています。

    注記 通常は、 SSTS アラームと SAVP アラームの両方がほぼ同時にトリガーされます。ただし、両方のアラームがどちらトリガーされるかはウォーターマークの設定( GB )と SAVP アラームの設定で決まります。
  3. 実際に使用可能なスペース量を確認するには、 ldr>*Storage*>*Overview* を選択し、 Total Usable Space ( STAS )属性を検索します。

    使用可能な合計スペース

    この例のストレージノードでは、 164GB 中 19.6GB しか使用可能なスペースが残っていません。合計は 3 つのオブジェクトストアボリュームの「使用可能な」 * 値の合計です。3 つのストレージボリュームのそれぞれに 10GB 未満の空きスペースがあったため、 SSTS アラームがトリガーされました。

  4. 一定期間にわたるストレージの使用状況を確認するには、 * Reports * タブを選択し、過去数時間の Total Usable Space のプロットを使用します。

    この例では、 12 : 00 の時点の使用可能な合計スペースは約 155 GB でしたが、 12 : 35 には 20 GB まで減り、その時点で SSTS アラームがトリガーされています。

    Total Usable Space - グラフ
  5. 合計容量の割合としてストレージがどのように使用されているかを確認するには、過去数時間の合計使用可能スペース(割合)をプロットします。

    この例では、ほぼ同じタイミングで使用可能な合計スペースが 95% から 10% 強に減少しています。

    Total Usable Space ( Percent ) - グラフ
  6. 必要に応じて、を使用してストレージ容量を追加します StorageGRID システムを拡張する

    ストレージノードがいっぱいになったときの管理手順については、を参照してください StorageGRID の管理手順