日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テキストレポートを使用する

寄稿者

テキストレポートには、 NMS サービスで処理された属性データの値がテキスト形式で表示されます。レポート対象の期間に応じて、フルレポートと要約レポートの 2 種類が生成されます。期間が 1 週間未満の場合はフルレポート、期間が 1 週間を超える場合は要約レポートです。

フルレポート

フルレポートには、選択した属性に関する詳細が表示されます。

  • Time Received :属性のデータのサンプル値が NMS サービスで処理された日付と時刻。

  • Sample Time :ソースで属性値がサンプリングまたは変更された現地の日時。

  • Value :サンプル時の属性値です。

フルレポートを示すスクリーンショット

要約レポート

要約レポートには、フルレポートよりも長い期間(通常は 1 週間)のデータが表示されます。一定の期間の複数の属性値が NMS サービスによって集計され、その結果から計算された平均値、最大値、および最小値が 1 つのエントリとして表示されます。

各エントリには、次の情報が表示されます。

  • Aggregate Time :変更された一連の属性値が NMS サービスで最後に集計(収集)された日時(現地時間)です。

  • Average Value :集計期間における属性の平均値です。

  • Minimum Value :集計期間における最小値です。

  • Maximum Value :集計期間における最大値です。

要約レポートを示すスクリーンショット

テキストレポートを生成します

テキストレポートには、 NMS サービスで処理された属性データの値がテキスト形式で表示されます。データセンターサイト、グリッドノード、コンポーネント、またはサービスについてのレポートを作成できます。

必要なもの

継続的に変化することが想定される属性データについては、 NMS サービス(ソース側)によって一定の間隔でデータがサンプリングされます。変化の少ない属性データ(状態やステータスが変わったときに変化するデータなど)については、属性の値が変わったときに NMS サービスに送信されます。

表示されるレポートの種類は、設定されている期間によって異なります。デフォルトでは、期間が 1 週間を超える場合は要約レポートが生成されます。

グレーのテキストは、サンプリング中にサービスが管理上の理由で停止していた期間を示します。青のテキストは、サービスの状態が不明であることを示します。

手順
  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. grid node>*component または SERVICE*>* Reports > Text * を選択します。

  3. [* 属性 * ( * Attribute * ) ] ドロップダウンリストからレポートする属性を選択します。

  4. 1 ページあたりの結果数を [ * 1 ページあたりの結果数 * ( * Results per Page * ) ] ドロップダウンリストから選択します。

  5. 最大 3 桁までの値を丸めるには(パーセント値としてレポートされた属性など)、 * 生データ * チェックボックスの選択を解除します。

  6. [*Quick Query] ドロップダウン・リストから、レポートする期間を選択します。

    カスタムクエリオプションを選択して、特定の期間を選択します。

    レポートが表示されるまでに少し時間がかかります。期間が長い場合は集計に数分かかることもあります。

  7. [ カスタムクエリ ] を選択した場合は、 [ 開始日 ] と [ 終了日 ] を入力してレポートする期間をカスタマイズする必要があります。

    「 YYYY/MM/DDHH: MM:SS 」の形式を現地時間で使います。この形式に一致するには、先頭にゼロを補う必要があります。たとえば、「 2017/4/6 7 : 30 : 00 」と入力すると検証に失敗します。正しい形式は「 2017/04/06 07 : 30 : 00 」です。

  8. [ 更新( Update ) ] をクリックします。

    テキストレポートが生成されるまでに少し時間がかかります。期間が長い場合は集計に数分かかることもあります。クエリで設定した時間の長さに応じて、フルレポートか要約レポートのいずれかが表示されます。

テキストレポートをエクスポートする

テキストレポートをエクスポートすると、ブラウザの新しいタブが開き、データを選択してコピーできます。

コピーしたデータを新しいドキュメント(スプレッドシートなど)に保存して、 StorageGRID システムのパフォーマンスの分析に使用できます。

手順
  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. テキストレポートを作成します。

  3. [ * エクスポート( Export ) ] をクリックしますエクスポートアイコン

    説明が付随するスクリーンショット

    Export Text Report ウィンドウが開き、レポートが表示されます。

    サンプルのテキストレポートを示すスクリーンショット
  4. テキストレポートのエクスポートウィンドウの内容を選択してコピーします。

    このデータをスプレッドシートなどのサードパーティのドキュメントに貼り付けることができるようになりました。