日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グリッド入門:概要

寄稿者

これらの概要を使用して、 StorageGRID システムの概要、および StorageGRID アーキテクチャとネットワークトポロジ、データ管理機能、ユーザインターフェイスについて説明します。

StorageGRID とは

NetApp StorageGRID は、ソフトウェアで定義されるオブジェクトベースのストレージ解決策 で、 Amazon Simple Storage Service ( S3 ) API や OpenStack Swift API などの業界標準のオブジェクト API をサポートします。

StorageGRID は、大規模な非構造化データを長期間保管するためのセキュアなストレージを提供します。メタデータベースの統合ライフサイクル管理ポリシーによって、データのライフサイクルを通して最適な保存先が選択されます。コンテンツは適切な場所、適切なタイミングで、適切なストレージ階層に配置されるため、コストを削減できます。

StorageGRID は、地理的に分散した冗長で種類の異なる複数のノードで構成されており、既存および次世代のクライアントアプリケーションと統合できます。

複数のクライアントを含むイメージ

StorageGRID システムには次の利点があります。

  • 非構造化データ用に地理的に分散したデータリポジトリを拡張性にきわめて優れ、使いやすくなっています。

  • 標準のオブジェクトストレージプロトコル。

    • Amazon Web Services Simple Storage Service ( S3 )

    • OpenStack Swift

  • ハイブリッドクラウドの実現:ポリシーベースの情報ライフサイクル管理( ILM )を使用して、 Amazon Web Services ( AWS )や Microsoft Azure などのパブリッククラウドにオブジェクトを格納できます。StorageGRID プラットフォームサービスを使用すると、パブリッククラウドに格納されたオブジェクトのコンテンツレプリケーション、イベント通知、メタデータ検索を行うことができます。

  • 柔軟なデータ保護で、データの保持性と可用性を確保レプリケーションと階層型イレイジャーコーディングを使用してデータを保護できます。保存データと転送中データの検証により、長期保持の整合性を確保します。

  • 動的なデータライフサイクル管理でストレージコストの管理を支援オブジェクトレベルでデータのライフサイクルを管理する ILM ルールを作成し、データの格納場所、保持性、パフォーマンス、コスト、保持期間を調整できます。テープを統合アーカイブ階層として使用できます。

  • データストレージの高可用性と一部の管理機能。ロードバランシングの統合により、 StorageGRID リソース全体のデータ負荷を最適化します。

  • 複数のストレージテナントアカウントをサポート。システムに格納されているオブジェクトをエンティティごとに分離できます。

  • 包括的なアラートシステム、グラフィカルダッシュボード、すべてのノードとサイトの詳細なステータスなど、 StorageGRID システムの健全性を監視するための多数のツールが用意されています。

  • ソフトウェアベースまたはハードウェアベースの導入をサポート。StorageGRID は次のいずれかに導入できます。

    • VMware で実行される仮想マシン。

    • Linux ホスト上のコンテナエンジン。

    • StorageGRID 社が開発したアプライアンス。

      • ストレージアプライアンスはオブジェクトストレージを提供します。

      • サービスアプライアンスは、グリッド管理サービスとロードバランシングサービスを提供します。

  • 以下の規制に関連するストレージ要件に準拠しています。

    • 取引所会員や株式仲買業者を規制するための 17 CFR § 240.17a-4 ( f )における証券取引委員会( SEC )

    • 金融業界規制機関( FINRA )ルール 4511 ( c )。 SEC ルール 17a-4 ( f )の形式とメディア要件は先延ばしになります。

    • 商品先物取引を規制するための 17 CFR § 1.31 ( c ) - ( d )規制の商品先物取引委員会( CFTC )

  • 無停止のアップグレード処理とメンテナンス処理。アップグレード、拡張、運用停止、メンテナンスの実行中も、コンテンツにアクセスできます。

  • フェデレーテッドアイデンティティ管理。ユーザ認証を行うために、 Active Directory 、 OpenLDAP 、または Oracle のディレクトリサービスと統合します。Security Assertion Markup Language 2.0 ( SAML 2.0 )規格を使用してシングルサインオン( SSO )をサポートし、 StorageGRID と Active Directory フェデレーションサービス( AD FS )間で認証および許可データをやり取りします。