日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Nodes ページを表示します

StorageGRID システムに関する詳しい情報がダッシュボードに表示されるよりも必要な場合は、ノードページを使用して、グリッド全体、グリッド内の各サイト、およびサイトの各ノードの指標を表示できます。

Nodes メニュー

Nodes テーブルには、 StorageGRID システム内のすべてのサイトとノードが表示されます。ノードごとに概要情報が表示されます。ノードにアクティブなアラートがある場合は、ノード名の横にアイコンが表示されます。ノードが接続されていてアクティブなアラートがない場合は、アイコンは表示されません。

接続状態アイコン

  • * 接続されていません - 不明 * 青の疑問符アイコン:不明な理由でノードがグリッドに接続されていません。たとえば、ノード間のネットワーク接続が失われた、電源が切れたなどの原因が考えられます。* Unable to communicate with node * アラートがトリガーされる場合もあります。他のアラートもアクティブになる可能性があります。この状況にはすぐに対処する必要があります。

    注記 管理されたシャットダウン処理の実行中に、ノードが Unknown と表示されることがありますこのような場合、 Unknown 状態は無視してかまいません。
  • * 接続されていません - 管理上の理由により停止して グレーの疑問符アイコン:ノードが想定される理由でグリッドに接続されていません。たとえば、ノードまたはノード上のサービスが正常にシャットダウンされた、ノードがリブート中である、ソフトウェアのアップグレード中であるなどの原因が考えられます。1 つ以上のアラートがアクティブになっている可能性もあります。

ノードがグリッドから切断された場合は、基になるアラートが表示される可能性がありますが、「未接続」アイコンのみが表示されます。ノードのアクティブなアラートを表示するには、ノードを選択します。

警告アイコン

ノードにアクティブなアラートがある場合は、ノード名の横に次のアイコンが表示されます。

  • * 重要 * アイコンアラート赤アラーム:異常な状態で、 StorageGRID のノードやサービスの通常の動作が停止しています。基盤となる問題 にすぐに対処する必要があります。問題 が解決されないと、サービスの停止やデータの損失を招くおそれがあります。

  • * メジャー * アイコンアラートオレンジメジャー:異常な状態で、現在の処理に影響しているか、重大アラートのしきい値に近づいています。Major アラートを調査し、根本的な問題に対処して、異常な状態が発生した場合に StorageGRID のノードやサービスが正常に動作しなくなる事態を防ぐ必要があります。

  • * マイナー * アイコンアラート黄マイナー:システムは正常に動作していますが、継続するとシステムの動作に影響する可能性がある異常な状態が発生しています。自動的にクリアされない Minor アラートを監視し、解決して、深刻な問題が生じないようにする必要があります。

システム、サイト、またはノードの詳細

使用可能な情報を表示するには、グリッド、サイト、またはノードの名前を次のように選択します。

  • グリッド名を選択すると、 StorageGRID システム全体の統計が要約して表示されます。(スクリーンショットには、 StorageGRID Deployment という名前のシステムが示されています)。

  • 特定のデータセンターサイトを選択すると、そのサイトのすべてのノードの統計が要約して表示されます。

  • 特定のノードを選択すると、そのノードの詳細情報が表示されます。

Nodes ページのタブ

ノード( Nodes )ページの上部にあるタブは、左側のツリーから選択した内容に基づいています。

タブ名 説明 に含まれます

概要

  • 各ノードの基本情報が表示されます。

  • ノードに影響しているアクティブなアラートが表示されます。

すべてのノード

ハードウェア

  • 各ノードの CPU 利用率とメモリの使用状況が表示されます

  • アプライアンスノードについては、ハードウェア情報も表示されます。

すべてのノード

ネットワーク

ネットワークインターフェイス間で送受信されるネットワークトラフィックを示すグラフが表示されます。単一のノードのビューには、そのノードの追加情報 が表示されます。

すべてのノード、各サイト、グリッド全体

ストレージ

  • 各ノードのディスクデバイスとボリュームの詳細が表示されます。

  • ストレージノード、各サイト、およびグリッド全体の場合、オブジェクトデータストレージとメタデータストレージの使用量の推移を示すグラフが表示されます。

すべてのノード、各サイト、グリッド全体

オブジェクト

  • S3 および Swift の取り込み速度と読み出し速度に関する情報が表示されます。

  • ストレージノードの場合、オブジェクト数や、メタデータストアのクエリとバックグラウンド検証に関する情報が表示されます。

ストレージノード、各サイト、グリッド全体

ILM

情報ライフサイクル管理( ILM )処理に関する情報が表示されます。

  • ストレージノードの場合、 ILM 評価およびイレイジャーコーディングオブジェクトのバックグラウンド検証に関する詳細が表示されます。

  • 各サイトおよびグリッド全体の場合、 ILM キューの状況の推移を示すグラフが表示されます。

  • グリッド全体の場合、 ILM によるすべてのオブジェクトのフルスキャンが完了するまでの推定時間が表示されます。

ストレージノード、各サイト、グリッド全体

ロードバランサ

ロードバランササービスに関連するパフォーマンスグラフと診断グラフが表示されます。

  • 各サイトの場合、そのサイトのすべてのノードの統計が要約して表示されます。

  • グリッド全体の場合、すべてのサイトの統計が要約して表示されます。

管理ノードとゲートウェイノード、各サイト、およびグリッド全体

プラットフォームサービス

サイトでの S3 プラットフォームサービスの処理に関する情報が表示されます。

各サイト

SANtricity システムマネージャ

SANtricity システムマネージャへのアクセスを許可します。SANtricity System Manager では、ストレージコントローラのハードウェア診断および環境情報と、ドライブに関連する問題を確認できます。

ストレージアプライアンスノード

*注:ストレージアプライアンスのコントローラファームウェアが8.70(11.70)より前の場合、SANtricity のSystem Managerタブは表示されません。

Prometheus 指標

管理ノードの Prometheus サービスは、すべてのノード上のサービスから時系列の指標を収集します。

Prometheus で収集された指標は、 Grid Manager のさまざまな場所で使用されます。

  • * Nodes ページ * : Nodes ページで使用できるタブのグラフとチャートでは、 Grafana 視覚化ツールを使用して、 Prometheus で収集された時系列の指標を表示します。Grafana はグラフ形式とチャート形式で時系列のデータを表示し、 Prometheus はバックエンドのデータソースとして機能します。

    Prometheus のグラフ
  • * アラート * : Prometheus 指標を使用するアラートルールの条件が true と評価されると、特定の重大度レベルでアラートがトリガーされます。

  • * グリッド管理 API * : Prometheus 指標をカスタムのアラートルールまたは外部の自動化ツールで使用して、 StorageGRID システムを監視できます。Prometheus 指標の完全なリストは、グリッド管理 API から入手できます。( Grid Manager の上部からヘルプアイコンを選択し、 * API ドキュメント * > * 指標 * を選択します。) 使用可能な指標の数は 1 、 000 を超えますが、 StorageGRID の最も重要な処理を監視するために必要な指標は比較的少数です。

    注記 名前に private が含まれる指標は内部専用です。 StorageGRID のリリースごとに予告なく変更されることがあります。
  • サポート * > * ツール * > * 診断 * ページと * サポート * > * ツール * > * メトリクス * ページ:これらのページは主にテクニカルサポートが使用するためのもので、 Prometheus 指標の値を使用する多数のツールとグラフを提供します。

    注記 [Metrics] ページの一部の機能やメニュー項目は意図的に機能しないため、変更される場合があります。

StorageGRID 属性

属性は、 StorageGRID システムの多くの機能について、値とステータスを報告します。属性値は、グリッドノードごと、サイトごと、およびグリッド全体について収集されます。

StorageGRID 属性は、グリッドマネージャのさまざまな場所で使用されます。

  • * Nodes ページ * : Nodes ページに表示される値の多くは StorageGRID 属性です。( Prometheus 指標はノードのページにも表示されます)。

  • * アラーム * :属性が定義されたしきい値に達すると、特定の重大度レベルで StorageGRID アラーム(レガシーシステム)がトリガーされます。

  • * グリッドトポロジツリー * :属性値はグリッドトポロジツリーに表示されます( * support * > * Tools * > * Grid topology * )。

  • * Events * :システムイベントは、特定の属性がネットワークエラーなどのエラーや障害をノードに記録したときに発生します。

属性値

属性のレポートはベストエフォートベースで行われ、 100% 正確とは限りません。サービスのクラッシュ時や障害が発生したグリッドノードのリビルド中など、一部の状況では属性の更新が失われることがあります。

また、伝播にかかる時間により、属性のレポート作成に遅れが生じることがあります。ほとんどの属性については、更新された値は一定の間隔で StorageGRID システムに送信されます。更新がシステムで認識されるまでに数分かかる場合があり、ほぼ同時に行った 2 つの属性変更が同時に報告されないこともあります。