日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

廃止予定: PUT Bucket compliance 要求

寄稿者

PUT Bucket compliance 要求は廃止されました。ただし、この要求を引き続き使用して、既存のレガシー準拠バケットの準拠設定を変更できます。たとえば、既存のバケットをリーガルホールドの対象にしたり、バケットの保持期間を長くしたりできます。

重要 以前のバージョンの StorageGRID で提供されていた StorageGRID 準拠機能は廃止され、 S3 オブジェクトロックに置き換えられました。

この処理を完了するには、 s3 : PutBucketCompliance 権限または root アカウントが必要です。

PUT Bucket compliance 要求を発行する際は、準拠設定のすべてのフィールドに値を指定する必要があります。

要求例

次の要求例では、「 mybucket 」という名前のバケットの準拠設定を変更しています。この例では、「 mybucket 」内のオブジェクトが、グリッドに取り込まれてから 1 年ではなく 2 年間( 1 、 051 、 200 分)保持されます。このバケットにリーガルホールドはありません。各オブジェクトは 2 年後に自動的に削除されます。

PUT /mybucket/?x-ntap-sg-compliance HTTP/1.1
Date: date
Authorization: authorization name
Host: host
Content-Length: 152

<SGCompliance>
  <RetentionPeriodMinutes>1051200</RetentionPeriodMinutes>
  <LegalHold>false</LegalHold>
  <AutoDelete>true</AutoDelete>
</SGCompliance>
名前 説明

RetentionPeriodMinutes です

このバケットに追加されたオブジェクトの保持期間を分で指定します。保持期間は、オブジェクトがグリッドに取り込まれたときからの期間です。

  • 注意: RetentionPeriodMinutes に新しい値を指定する場合は、バケットの現在の保持期間以上の値を指定する必要があります。設定したバケットの保持期間は、増やすことはできますが減らすことはできません。

LegalHold のようになります

  • True :このバケットは、現在リーガルホールドの対象です。このバケット内のオブジェクトは、保持期間が過ぎたあとも、リーガルホールドが解除されるまで削除できません。

  • False :このバケットは、現在リーガルホールドの対象ではありません。このバケット内のオブジェクトは、保持期間が過ぎたら削除できます。

自動削除

  • True :このバケット内のオブジェクトは、バケットがリーガルホールドの対象である場合を除き、保持期間が過ぎると自動的に削除されます。

  • false :このバケット内のオブジェクトは、保持期間が過ぎても自動的には削除されません。これらのオブジェクトを削除する必要がある場合は、手動で削除する必要があります。

準拠設定の整合性レベル

PUT Bucket compliance 要求によって S3 バケットの準拠設定を更新すると、 StorageGRID は、グリッド全体のバケットのメタデータを更新しようとします。デフォルトでは、 StorageGRID は * strong-global * 整合性レベルを使用し、バケットのメタデータを含むすべてのデータセンターサイトおよびストレージノードで、変更された準拠設定のリードアフターライト整合性を保証します。

データセンターサイトまたはサイトの複数のストレージノードが利用できないために、 StorageGRID が「 strong-global 」の整合性レベルを保証できない場合、応答の HTTP ステータスコードは「 503 Service Unavailable 」になります

この応答を受け取った場合は、必要なストレージサービスをできるだけ早く利用可能にするために、グリッド管理者に問い合わせる必要があります。グリッド管理者が各サイトで十分な数のストレージノードを利用可能にできない場合は、テクニカルサポートから、 * strong-site * 整合性レベルを強制的に適用することで、失敗した要求を再試行するよう指示される場合があります。

重要 テクニカルサポートから指示があった場合や、このレベルを使用した場合の影響を理解している場合を除き、 PUT Bucket compliance で * strong-site * 整合性レベルを強制的に適用することは避けてください。

整合性レベルを * strong-site * 」に下げると、 StorageGRID は、サイト内のクライアント要求に対してのみ、更新された準拠設定のリードアフターライト整合性を保証します。そのため、すべてのサイトおよびストレージノードが利用可能になるまでの間、 StorageGRID システムにはこのバケットに対して複数の異なる設定が一時的に存在することになる場合があります。整合性のない設定を使用すると、予期せぬ望ましくない動作が生じる可能性がありますたとえば、あるバケットをリーガルホールドの対象にして、低い整合性レベルを強制的に適用すると、一部のデータセンターサイトでバケットの以前の準拠設定(つまり、リーガルホールドの対象外の状態)が引き続き適用される場合があります。したがって、リーガルホールドの対象と思われるオブジェクトは、保持期間が経過すると、ユーザによって削除される場合と、 AutoDelete によって削除される場合があります。

strong-site * 整合性レベルを強制的に適用するには、 PUT Bucket compliance 要求を再発行し、以下のように「 Consistency-Control 」 HTTP 要求ヘッダーを含めてください。

PUT /mybucket/?x-ntap-sg-compliance HTTP/1.1
Consistency-Control: strong-site

エラー応答

  • バケットが準拠バケットとして作成されていない場合、応答の HTTP ステータスコードは「 404 Not Found 」です。

  • 要求の「 RetentionPeriodMinutes 」がバケットの現在の保持期間よりも短い場合、 HTTP ステータスコードは「 400 Bad Request 」になります。