日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GET Storage Usage 要求の略

寄稿者

GET Storage Usage 要求を使用すると、アカウントで使用しているストレージの総容量とアカウントに関連付けられているバケットごとの使用容量を確認できます。

アカウントとそのバケットが使用するストレージの容量は、 GET Service 要求を変更して「 x-ntap-sg-usage 」クエリパラメータで確認できます。バケットによるストレージの使用量は、システムで処理される PUT 要求や DELETE 要求とは別に追跡されます。特にシステムの負荷が高い場合などは、使用量の値が要求の処理に基づく想定値と同じになるまでに少し時間がかかることがあります。

デフォルトでは、 StorageGRID は strong-global 整合性を使用して、使用状況の情報を取得します。strong-global 整合性が保証されていない場合、 StorageGRID は、強いサイトで整合性のある使用状況情報を取得しようとします。

この処理を完了するには、 s3 : ListAllMyBuckets 権限または root アカウントが必要です。

要求例

GET /?x-ntap-sg-usage HTTP/1.1
Date: date
Authorization: authorization string
Host: host

応答例

次の例は、 2 つのバケットに 4 つのオブジェクトと 12 バイトのデータが格納されたアカウントです。各バケットには、 2 つのオブジェクトと 6 バイトのデータが格納されています。

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sat, 29 Nov 2015 00:49:05 GMT
Connection: KEEP-ALIVE
Server: StorageGRID/10.2.0
x-amz-request-id: 727237123
Content-Length: 427
Content-Type: application/xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<UsageResult xmlns="http://s3.storagegrid.com/doc/2015-02-01">
<CalculationTime>2014-11-19T05:30:11.000000Z</CalculationTime>
<ObjectCount>4</ObjectCount>
<DataBytes>12</DataBytes>
<Buckets>
<Bucket>
<Name>bucket1</Name>
<ObjectCount>2</ObjectCount>
<DataBytes>6</DataBytes>
</Bucket>
<Bucket>
<Name>bucket2</Name>
<ObjectCount>2</ObjectCount>
<DataBytes>6</DataBytes>
</Bucket>
</Buckets>
</UsageResult>

バージョン管理

格納されているすべてのオブジェクト・バージョンは ' 応答の 'ObjectCount' 値と 'DataBytes' 値に影響します削除マーカーは 'ObjectCount' 合計には追加されません