日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID アプライアンスインストーラを使用してアプライアンスの設定を自動化する

寄稿者

設定情報を含む JSON ファイルを使用して、アプライアンスの設定を自動化することができます。ファイルは StorageGRID アプライアンスインストーラを使用してアップロードします。

必要なもの
  • アプライアンスは、 StorageGRID 11.5 以降と互換性のある最新のファームウェアを使用している必要があります。

  • を使用して設定するアプライアンスで StorageGRID アプライアンスインストーラに接続する必要があります サポートされている Web ブラウザ

次の設定など、アプライアンスの設定作業を自動化することができます。

  • グリッドネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアントネットワークの IP アドレス

  • BMC インターフェイス

  • ネットワークリンク

    • ポートボンディングモード

    • ネットワークボンディングモード

    • リンク速度

アップロードした JSON ファイルを使用してアプライアンスを設定する方が、 StorageGRID アプライアンスインストーラの複数のページを使用して手動で設定を行うよりも効率的です。特に、多数のノードを設定する必要がある場合は効果的です。構成ファイルはノードごとに 1 つずつ適用する必要があります。

注記 アプライアンスのインストールと設定の両方を自動化したいと考えている経験豊富なユーザが、以下を実現できます configure-sga.py スクリプトを使用します
手順
  1. 次のいずれかを使用して JSON ファイルを生成します。

    • "ConfigBuilder アプリケーション"

    • configure -SGA .py アプライアンス構成スクリプト。スクリプトは、 StorageGRID アプライアンスインストーラ( * Help * > * アプライアンス構成スクリプト * )からダウンロードできます。

      JSON ファイル内のノード名は、次の要件に従う必要があります。

      • 1 文字以上 32 文字以下の有効なホスト名を指定する必要があります

      • アルファベット、数字、およびハイフンを使用できます

      • 1 文字目または最後の文字をハイフンにすることはできません

      • 数字だけを含めることはできません

        重要 JSON ファイル内のノード名(最上位の名前)が一意であることを確認してください。一意でないと、 JSON ファイルを使用して複数のノードを設定できません。
  2. 「 * Advanced * > * Update Appliance Configuration * 」を選択します。

    [Update Appliance Configuration] ページが表示されます。

    アプライアンス設定ページを更新します
  3. アップロードする設定の JSON ファイルを選択します。

    1. [ * 参照 * ] を選択します。

    2. ファイルを探して選択します。

    3. 「 * 開く * 」を選択します。

      ファイルがアップロードされて検証されます。検証プロセスが完了すると、ファイル名が緑色のチェックマークの横に表示されます。

      重要 JSON ファイルの構成に「 link_config 」、「 networks 」、またはその両方のセクションが含まれている場合は、アプライアンスへの接続が失われる可能性があります。1 分以内に再接続されない場合は、アプライアンスに割り当てられている他の IP アドレスのいずれかを使用して、アプライアンスの URL を再入力します。
      アプライアンス設定の JSON がアップロードされました

      ノード名 * ドロップダウンには、 JSON ファイルで定義された最上位のノード名が表示されます。

    注記 ファイルが有効でない場合、ファイル名は赤色で表示され、黄色のバナーにエラーメッセージが表示されます。無効なファイルはアプライアンスに適用されません。ConfigBuilder を使用して、有効な JSON ファイルを作成できます。
  4. ノード名 * ドロップダウンのリストからノードを選択します。

    Apply JSON configuration * ボタンが有効になっている。

    アプライアンス設定適用ボタンを更新します
  5. Apply JSON configuration * を選択します。

    選択したノードに構成が適用されます。