日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サービスアプライアンスの SNMP を設定します

寄稿者

ハードウェアの SNMP の設定に精通している場合は、 BMC インターフェイスを使用してサービスアプライアンスの SNMP 設定を行うことができます。セキュリティで保護されたコミュニティストリングを指定し、 SNMP トラップを有効にし、 SNMP の送信先を最大 5 つ指定できます。

必要なもの
  • BMC ダッシュボードへのアクセス方法を確認しておく必要があります。

  • SNMPv1-v2c 機器の SNMP 設定経験が必要です。

注記 この手順 で作成された BMC 設定は、アプライアンスに障害が発生して交換が必要な場合に、保持されないことがあります。適用したすべての設定を記録し、必要に応じてハードウェアの交換後に簡単に再適用できるようにします。
手順
  1. BMC ダッシュボードで、 * Settings * > * SNMP Settings * を選択します。

  2. SNMP 設定ページで、 * SNMP V1/V2* を有効にするを選択し、読み取り専用コミュニティストリングと読み取り / 書き込みコミュニティストリングを指定します。

    読み取り専用コミュニティストリングは、ユーザ ID やパスワードのようなものです。侵入者がネットワーク設定に関する情報を取得できないようにするには、この値を変更する必要があります。読み取り / 書き込みコミュニティストリングは、不正な変更からデバイスを保護します。

  3. 必要に応じて、 * トラップを有効にする * を選択し、必要な情報を入力します。

    重要 IP アドレスを使用して、各 SNMP トラップの送信先 IP を入力します。完全修飾ドメイン名はサポートされません。

    サービスアプライアンスから SNMP コンソールが異常な状態になったときに通知をすぐに送信するには、トラップを有効にします。トラップは、リンクの稼働 / 停止状態、しきい値を超えた温度、トラフィックの増加を示している場合があります。

  4. 必要に応じて、 [ テストトラップの送信 ] をクリックして設定をテストします。

  5. 設定が正しい場合は、 * 保存 * をクリックします。