日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG100 および SG1000 アプライアンス:概要

寄稿者

StorageGRID SG100 サービスアプライアンスと SG1000 サービスアプライアンスはゲートウェイノードおよび管理ノードとして動作して、 StorageGRID システムで高可用性のロードバランシングサービスを提供できます。両方のアプライアンスをゲートウェイノードとして使用し、管理ノード(プライマリノードまたは非プライマリノード)を同時に使用できます。

アプライアンスの特長

サービスアプライアンスのどちらのモデルにも次の機能があります。

  • ゲートウェイノードまたは管理ノードは StorageGRID システムで機能します。

  • ノードの導入と設定を簡易化する StorageGRID アプライアンスインストーラ。

  • 導入後、は既存の管理ノードから、またはローカルドライブにダウンロードしたソフトウェアから StorageGRID ソフトウェアにアクセスできます。導入プロセスをさらに簡易化するために、アプライアンスには最新バージョンのソフトウェアがプリロードされています。

  • 一部のアプライアンスハードウェアを監視および診断するためのベースボード管理コントローラ( BMC )。

  • グリッドネットワーク、管理ネットワーク、クライアントネットワークを含む 3 つの StorageGRID ネットワークすべてに接続できること。

    • SG100 は、グリッドネットワークとクライアントネットワークとの 10GbE または 25GbE 接続を最大 4 つサポートします。

    • SG1000 では、グリッドネットワークとクライアントネットワークとの 10GbE 、 25GbE 、 40GbE 、または 100GbE 接続が最大 4 つサポートされています。

SG100 と SG1000 の図

この図は、 SG100 の前面とベゼルを取り外した SG1000 の前面を示しています。

注記 前面からは、ベゼル上の製品名以外の 2 つのアプライアンスは同じです。

オレンジの枠で囲まれた 2 本のソリッドステートドライブ( SSD )は、 StorageGRID オペレーティングシステムの格納に使用され、冗長性を確保するために RAID 1 を使用してミラーリングされます。SG100 または SG1000 サービスアプライアンスが管理ノードとして設定されている場合は、これらのドライブに監査ログ、指標、およびデータベーステーブルが格納されます。

残りのドライブスロットは空です。

SSD SG100 および SG1000 の前面

SG100 の背面にあるコネクタ

この図は、 SG100 の背面にあるコネクタを示しています。

リアコネクタ SG100
ポート を入力します 使用

1.

ネットワークポート 1~4

ケーブルまたは SFP トランシーバタイプ( SFP28 および SFP+ モジュールをサポート)、スイッチ速度、設定されたリンク速度に基づく 10 / 25GbE

StorageGRID のグリッドネットワークおよびクライアントネットワークに接続します。

2.

BMC 管理ポート

1GbE ( RJ-45 )

アプライアンスのベースボード管理コントローラに接続します。

3.

診断とサポート用のポート

  • VGA

  • シリアル、 115200 8-N-1

  • USB

テクニカルサポート専用です。

4.

管理ネットワークポート 1

1GbE ( RJ-45 )

アプライアンスを StorageGRID の管理ネットワークに接続します。

5.

管理ネットワークポート 2

1GbE ( RJ-45 )

オプション:

  • StorageGRID の管理ネットワークへの冗長接続を確保するには、管理ポート 1 とボンディングします。

  • 一時的なローカルアクセス用( IP 169.254.0.1 )に空けておくことができます。

  • DHCP によって割り当てられた IP アドレスを使用できない場合は、設置時の IP 設定にポート 2 を使用します。

SG1000 の背面のコネクタ

この図は、 SG1000 の背面にあるコネクタを示しています。

SG1000 背面のコネクタ
ポート を入力します 使用

1.

ネットワークポート 1~4

ケーブルまたはトランシーバのタイプ、スイッチ速度、設定されたリンク速度に基づく 10 / 25 / 40 / 100GbE 。QSFP28 と QSFP+ ( 40/100GbE )はネイティブでサポートされており、 SFP28 / SFP+ トランシーバを QSA (別売)と併用して 10 / 25GbE の速度を使用できます。

StorageGRID のグリッドネットワークおよびクライアントネットワークに接続します。

2.

BMC 管理ポート

1GbE ( RJ-45 )

アプライアンスのベースボード管理コントローラに接続します。

3.

診断とサポート用のポート

  • VGA

  • シリアル、 115200 8-N-1

  • USB

テクニカルサポート専用です。

4.

管理ネットワークポート 1

1GbE ( RJ-45 )

アプライアンスを StorageGRID の管理ネットワークに接続します。

5.

管理ネットワークポート 2

1GbE ( RJ-45 )

オプション:

  • StorageGRID の管理ネットワークへの冗長接続を確保するには、管理ポート 1 とボンディングします。

  • 一時的なローカルアクセス用( IP 169.254.0.1 )に空けておくことができます。

  • DHCP によって割り当てられた IP アドレスを使用できない場合は、設置時の IP 設定にポート 2 を使用します。