日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID アプライアンスインストーラの実行中にサービスアプライアンスをリブートします

寄稿者

StorageGRID アプライアンスインストーラの実行中に、サービスアプライアンスのリブートが必要になる場合があります。たとえば、インストールが失敗した場合はサービスアプライアンスのリブートが必要になることがあります。

この手順 は、サービスアプライアンスで StorageGRID アプライアンスインストーラが実行されている場合にのみ適用されます。インストールが完了すると、 StorageGRID アプライアンスインストーラが使用できなくなるため、この手順は機能しなくなります。

手順
  1. StorageGRID アプライアンス・インストーラのメニュー・バーから、 [Advanced>*Reboot Controller*] をクリックします。

    Reboot Controller ページが表示されます。

  2. StorageGRID アプライアンス・インストーラで、 [Advanced>*Reboot Controller*] をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • Reboot into StorageGRID * を選択し、ノードをグリッドに再追加してコントローラをリブートします。メンテナンスモードで作業を完了し、ノードを通常動作に戻す準備ができている場合は、このオプションを選択します。

    • メンテナンスモードを維持したままコントローラをリブートするには、 * Reboot into Maintenance Mode * を選択します。(このオプションは、コントローラがメンテナンスモードのときにのみ使用できます)。 このオプションは、グリッドに再追加する前にノードで追加のメンテナンス処理を実行する必要がある場合に選択します。

      コントローラをメンテナンスモードでリブートします

    サービスアプライアンスがリブートされます。