日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サービスアプライアンスのドライブを交換します

寄稿者

サービスアプライアンスの SSD には StorageGRID オペレーティングシステムが含まれています。また、アプライアンスが管理ノードとして設定されている場合は、 SSD には監査ログ、指標、データベーステーブルも格納されています。冗長性を確保するために、ドライブは RAID 1 を使用してミラーリングさいずれかのドライブで障害が発生した場合は、できるだけ早く交換して冗長性を確保する必要があります。

必要なもの
  • これで完了です アプライアンスを物理的に設置します

  • どのドライブで障害が発生したかを確認するために、左側の LED が黄色で点滅していることを確認しました。

    重要 動作中のドライブを取り外すと、アプライアンスノードが停止します。ステータスインジケータの表示に関する情報を参照して、障害を確認してください。
  • 交換用ドライブを入手します。

  • 適切な ESD 保護を用意しておきます。

手順
  1. ドライブの左 LED が黄色に点滅していることを確認します。

    また、 Grid Manager を使用して SSD のステータスを監視することもできます。[* nodes (ノード) ] を選択します次に '[Appliance Node>*Hardware*] を選択しますドライブで障害が発生すると、 Storage RAID Mode フィールドに、障害が発生したドライブに関するメッセージが表示されます。

  2. ESD リストバンドのストラップの端を手首に巻き付け、静電気の放電を防ぐためにクリップの端をメタルアースに固定します。

  3. 交換用ドライブを開封し、アプライアンスの近くの、静電気防止処置を施した平らな場所に置きます。

    梱包材はすべて保管しておいてください。

  4. 障害が発生したドライブのリリースボタンを押します。

    ドライブの取り外し

    ドライブのハンドルが途中まで開き、ドライブがスロットから外れます。

  5. ハンドルを開き、ドライブを引き出して、静電気防止処置を施した平らな場所に置きます。

  6. 交換用ドライブをドライブスロットに挿入する前に、ドライブのリリースボタンを押します。

    ラッチが開きます。

    ドライブの取り付け
  7. 交換用ドライブをスロットに挿入し、ドライブのハンドルを閉じます。

    重要 ハンドルを閉じる際に力を入れすぎないように注意してください。

    ドライブが完全に挿入されると、カチッという音がします。

    ドライブは、動作中のドライブのミラーデータを使用して自動的にリビルドされます。グリッドマネージャを使用して、再構築のステータスを確認できます。[* nodes (ノード) ] を選択します次に '[Appliance Node>*Hardware*] を選択しますStorage RAID Mode フィールドには、ドライブが完全に再構築されるまで「 rebuilding 」というメッセージが表示されます。

  8. ドライブの交換については、テクニカルサポートにお問い合わせください。

    障害が発生したドライブの返却手順については、テクニカルサポートにお問い合わせください。