日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスします

寄稿者

アプライアンスと 3 つの StorageGRID ネットワーク(グリッドネットワーク、管理ネットワーク(オプション)、クライアントネットワーク(オプション))間の接続を設定するには、 StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスする必要があります。

必要なもの
  • を使用している サポートされている Web ブラウザ

  • 使用するすべての StorageGRID ネットワークにアプライアンスを接続しておきます。

  • これらのネットワークでのアプライアンスの IP アドレス、ゲートウェイ、およびサブネットを確認しておきます。

  • 使用するネットワークスイッチを設定しておきます。

StorageGRID アプライアンスインストーラに初めてアクセスするときは、 DHCP によって割り当てられた管理ネットワークの IP アドレス(アプライアンスが管理ネットワークに接続されている場合)または DHCP によって割り当てられたグリッドネットワークの IP アドレスを使用できます。管理ネットワークの IP アドレスを使用することを推奨します。グリッドネットワークの DHCP アドレスを使用して StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスすると、リンク設定を変更した場合や静的な IP アドレスを入力した場合に StorageGRID アプライアンスインストーラとの接続が失われる可能性があります。

手順
  1. 管理ネットワークが接続されている場合は、管理ネットワークでのアプライアンスの DHCP アドレスを取得し、管理ネットワークが接続されていない場合はグリッドネットワークの DHCP アドレスを取得します。

    次のいずれかを実行できます。

    • 管理ポート 1 の MAC アドレスをネットワーク管理者に伝え、管理者が管理ネットワークでのこのポートの DHCP アドレスを確認できるようにします。MAC アドレスは、ポートの横の E5600SG コントローラのラベルに記載されています。

    • E5600SG コントローラのデジタル表示ディスプレイを確認します。E5600SG コントローラの管理ポート 1 と 10GbE ポート 2 と 4 を DHCP サーバがあるネットワークに接続している場合は、エンクロージャの電源投入時に動的に割り当てられた IP アドレスをコントローラが取得しようとします。コントローラの電源投入プロセスが完了すると、デジタル表示ディスプレイに * HO * と表示され、続いて 2 つの数字が順番に表示されます。

      HO -- IP address for Admin Network -- IP address for Grid Network HO

      次の順序で実行します。

      • 最初に表示される数字は、管理ネットワークに接続されているアプライアンスストレージノードの DHCP アドレスです。この IP アドレスは、 E5600SG コントローラの管理ポート 1 に割り当てられています。

      • 2 番目に表示される数字は、グリッドネットワーク上のアプライアンスストレージノードの DHCP アドレスです。この IP アドレスは、アプライアンスに最初に電源を投入するときに、 10GbE ポート 2 と 4 に割り当てられます。

        注記 DHCP を使用して IP アドレスを割り当てることができなかった場合は、 0.0.0.0 と表示されます。
  2. いずれかの DHCP アドレスを取得できた場合は、次の手順を実行します。

    1. サービスラップトップで Web ブラウザを開きます。

    2. StorageGRID アプライアンス・インストーラの URL +https://E5600SG_Controller_IP:8443 を入力します

      E5600SG _Controller_IP` 」の場合は、コントローラの DHCP アドレスを使用します(管理ネットワークを使用している場合は、管理ネットワークの IP アドレスを使用します)。

    3. セキュリティアラートが表示された場合は、ブラウザのインストールウィザードを使用して証明書を表示およびインストールします。

      次回この URL にアクセスしたときに、アラートは表示されません。

      StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページが表示されます。このページに最初にアクセスしたときに表示される情報とメッセージは、アプライアンスと StorageGRID ネットワークの現在の接続状況によって異なります。エラーメッセージが表示された場合は、以降の手順で解決されます。

    StorageGRID Webscale アプライアンスインストーラのホームページの上部を示すスクリーンショット
  3. E5600SG コントローラが DHCP を使用して IP アドレスを取得できなかった場合は、次の手順を実行します。

    1. イーサネットケーブルを使用して、サービスラップトップを E5600SG コントローラの管理ポート 2 に接続します。

      E5600SG コントローラの管理ポート 2 の位置
    2. サービスラップトップで Web ブラウザを開きます。

    3. StorageGRID アプライアンス・インストーラの URL +https://169.254.0.1:8443 を入力します

      StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページが表示されます。このページに最初にアクセスしたときに表示される情報とメッセージは、アプライアンスの現在の接続状況によって異なります。

    注記 リンクローカル接続を介してホームページにアクセスできない場合は、サービスラップトップの IP アドレスを 169.254.0.2 と設定し、再試行してください。
  4. ホームページに表示されたメッセージを確認し、必要に応じてリンク設定と IP 設定を行います。