日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport を設定します

寄稿者

AutoSupport ツールは、アプライアンスからカスタマーサポートバンドルのデータを収集し、テクニカルサポートに自動的に送信します。AutoSupport を設定すると、トラブルシューティングや問題の分析をテクニカルサポートがリモートから行えるようになります。

必要なもの
  • AutoSupport 機能をアクティブ化し、アプライアンスで有効にする必要があります。

    AutoSupport 機能のアクティブ化と非アクティブ化は、ストレージ管理ステーションでグローバルに設定します。

  • Storage Manager Event Monitor は、アプライアンスにアクセスできる 1 台以上のマシン上で実行する必要があります。できれば、複数のマシン上で実行することはできません。

すべてのデータが単一のアーカイブファイル( .7z 形式)に圧縮されて、指定した場所に格納されます。

AutoSupport には、次の種類のメッセージが用意されています。

メッセージタイプ 説明

イベントメッセージ

  • 管理対象アプライアンスでサポートイベントが発生したときに送信されます

  • システム構成と診断情報が含まれます

毎日のメッセージ

  • アプライアンスのローカル時間にユーザが設定可能な時間間隔で、 1 日に 1 回送信されます

  • 現在のシステムイベントログとパフォーマンスデータが含まれます

週次メッセージ

  • アプライアンスのローカル時間内にユーザが設定可能な時間間隔で、毎週 1 回送信されます

  • 構成とシステムの状態の情報が含まれます

手順
  1. SANtricity ストレージ・マネージャの [ エンタープライズ管理 ] ウィンドウで '[ デバイス ] タブを選択し '[* 検出されたストレージ・アレイ * ] を選択します

  2. [ ツール( Tools ) ] [ * ( * ) ] [ ツール( * AutoSupport ) ] [ * 構成( * Configuration ) ]

  3. SANtricity Storage Manager のオンラインヘルプを必要に応じて参照しながら、タスクを完了します。