日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置( SG5600 )

寄稿者

キャビネットまたはラックにレールを取り付け、レールにアプライアンスをスライドさせます。SG5660 を使用している場合は、アプライアンスを設置したあとにもドライブを設置する必要があります。

必要なもの
  • 同梱されている安全上の注意に関するドキュメントを確認し、ハードウェアの移動と設置に関する注意事項を理解しておきます。

  • ハードウェアに E シリーズのインストール手順が付属していることを確認します。

注意 機器の転倒を防ぐために、ラックまたはキャビネットの一番下から順にハードウェアを設置してください。
注意 ドライブがすべて取り付けられた状態の SG5612 の重量は、約 27kg ( 60 ポンド)です。SG5612 を安全に移動するには、 2 人の人員または電動リフトが必要です。
注意 ドライブが取り付けられていない状態の SG5660 の重量は、約 60kg ( 132 ポンド)です。空の SG5660 を安全に移動するには、 4 人で行うかリフト機を使用する必要があります。
注意 ハードウェアの損傷を避けるため、ドライブを取り付ける場合は SG5660 を移動しないでください。アプライアンスを移動する前に、ドライブをすべて取り外す必要があります。

キャビネットまたはラックに SG5660 アプライアンスを設置するには、次の作業を実行します。

  • * マウントレール * を取り付けます

    キャビネットまたはラックにマウントレールを取り付けます。

    E2700 または E5600 用の E シリーズインストール手順を参照してください。

  • * キャビネットまたはラックにアプライアンスを設置します。 *

    アプライアンスをキャビネットまたはラックにスライドさせて挿入し、固定します。

    注記 SG5660 を手で持ち上げる場合は、シャーシの側面に 4 つのハンドルを取り付けます。この取っ手は、アプライアンスをレールにスライドさせて挿入するときに取り外します。
  • * ドライブを取り付けます *

    SG5660 を使用する場合は、 5 つの各ドライブドロワーに 12 本のドライブを設置します。

    正しく動作させるためには、 60 本のドライブをすべて取り付ける必要があります。

    1. ESD リストバンドを装着し、パッケージからドライブを取り出します。

    2. 上部ドライブドロワーのレバーを解放し、レバーを使用してドロワーを引き出します。

    3. ドライブのハンドルを垂直に持ち上げ、ドライブのボタンをドロワーのノッチに合わせます。

      ドライブの挿入
    4. ドライブの上部を軽く押し、ドライブが完全に固定されるまでドライブのハンドルを下に回転させます。

    5. 最初の 12 本のドライブを取り付けたら、ドロワーの中央を押し、両方のレバーを静かに閉じてドロワーを元の位置に戻します。

    6. 残りの 4 つのドロワーで同じ手順を繰り返します。

  • * フロントベゼルを取り付けます *

  • SG5612 * :左右のエンドキャップを前面に取り付けます。

  • SG5660 * :ベゼルを前面に取り付けます。