日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID の設定を自動化

グリッドノードを導入したら、 StorageGRID システムの設定を自動化できます。

必要なもの
  • インストールアーカイブにある次のファイルの場所を確認しておきます。

    ファイル名 説明

    「 configure -storagegrid.py 」があります

    設定を自動化するための Python スクリプト

    「 configure -storagegrid-sample.json

    スクリプトで使用するサンプル構成ファイル

    「 configure -storagegrid-bank.json 」

    スクリプトで使用する空の構成ファイルです

  • 構成ファイル configure -storagegrid.json を作成しました。このファイルを作成するには、サンプル構成ファイル(「 configure -storagegrid-sample.json 」)または空の構成ファイル(「 configure -storagegridBlank.json 」)を変更します。

configure -storagegrid.py Python スクリプトと、 configure -storagegrid.json 構成ファイルを使用して、 StorageGRID システムの設定を自動化できます。

注記 また、 Grid Manager またはインストール API を使用してシステムを設定することもできます。
手順
  1. Python スクリプトを実行するために使用する Linux マシンにログインします。

  2. インストールアーカイブを展開したディレクトリに移動します。

    例: +cd StorageGRID -Webscale --version/platform

    ここで 'platform` は 'debs’rps’vSphere' です

  3. Python スクリプトを実行し、作成した構成ファイルを使用します。

    例:

    ./configure-storagegrid.py ./configure-storagegrid.json --start-install

リカバリ・パッケージの .zip ファイルは ' 構成プロセス中に生成され ' インストールおよび構成プロセスを実行しているディレクトリにダウンロードされますグリッドノードで障害が発生した場合に StorageGRID システムをリカバリできるようにするために、リカバリパッケージファイルをバックアップする必要があります。たとえば、バックアップされたセキュアなネットワーク上の場所や、安全なクラウドストレージ上の場所にコピーします。

重要 リカバリパッケージファイルには StorageGRID システムからデータを取得するための暗号キーとパスワードが含まれているため、安全に保管する必要があります。

ランダムなパスワードを生成するように指定した場合は、「 passwords.txt 」ファイルを抽出し、 StorageGRID システムへのアクセスに必要なパスワードを探す必要があります。

######################################################################
##### The StorageGRID "recovery package" has been downloaded as: #####
#####           ./sgws-recovery-package-994078-rev1.zip          #####
#####   Safeguard this file as it will be needed in case of a    #####
#####                 StorageGRID node recovery.                 #####
######################################################################

StorageGRID システムがインストールおよび設定されると、確認メッセージが表示されます。

StorageGRID has been configured and installed.