日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オプション: RAID モードの変更( SG5760 のみ)

寄稿者

60 本のドライブを搭載した SG5760 では、ストレージとリカバリの要件に対応するために、別の RAID モードに変更できます。モードを変更できるのは、 StorageGRID アプライアンスストレージノードを導入する前だけです。

必要なもの
  • SG5760 を使用します。SG5712 がある場合は、 DDP モードを使用する必要があります。

  • StorageGRID に接続できるクライアントを使用している必要があります。

  • クライアントにはがあります サポートされている Web ブラウザ

SG5760 アプライアンスをストレージノードとして導入する前に、次のいずれかのボリューム構成オプションを選択できます。

  • * DDP * :データドライブ 8 本につきパリティドライブを 2 本使用します。すべてのアプライアンスに推奨されるデフォルトのモードです。RAID6 よりもシステムパフォーマンスに優れ、ドライブ障害が発生したあとのリビルド時間も短く、管理も簡単です。また、 60 ドライブアプライアンスをドロワー損失から保護します。

  • * DDP16 * :このモードはデータドライブ 16 本につきパリティドライブを 2 本使用するため、 DDP よりもストレージ効率が高くなります。RAID6 よりもシステムパフォーマンスに優れ、ドライブ障害が発生したあとのリビルド時間も短く、管理も簡単です。ストレージ効率は RAID6 と同等です。DDP16 モードを使用するには、構成にドライブが 20 本以上含まれている必要があります。ドロワー損失からの保護は提供しません。

  • *RAID6 *: このモードは 16 台以上のデータドライブごとに 2 本のパリティドライブを使用します。RAID 6 モードを使用するには、構成にドライブが 20 本以上含まれている必要があります。DDP よりもアプライアンスのストレージ効率を上げることができますが、ほとんどの StorageGRID 環境では推奨されません。

重要 ボリュームがすでに構成されている場合や StorageGRID が事前にインストールされている場合に RAID モードを変更すると、ボリュームが削除されて置き換えられます。対象となったボリュームのデータはすべて失われます。
手順
  1. サービスラップトップを使用して Web ブラウザを開き、 StorageGRID アプライアンスインストーラ +https://E5700SG_Controller_IP:8443 にアクセスします

    ここで '_E5700SG コントローラの IP アドレスのいずれかは '_E5700SG コントローラの IP アドレスです

  2. 「 * アドバンスト * 」 > 「 * RAID モード * 」の順に選択します。

  3. [Configure RAID Mode*] ページで、 [Mode] ドロップダウンリストから目的の RAID モードを選択します。

  4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。