日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000 アプライアンスのコントローラ

寄稿者

StorageGRID SG6000 アプライアンスの各モデルには、 1U エンクロージャに SG6000-CN コンピューティングコントローラが搭載され、 2U または 4U エンクロージャにデュプレックス E シリーズストレージコントローラが搭載されています。各タイプのコントローラの詳細については、次の図を確認してください。

すべてのアプライアンス: SG6000-CN コンピューティングコントローラ

  • アプライアンスのコンピューティングリソースを提供します。

  • StorageGRID アプライアンスインストーラが搭載されています。

    注記 StorageGRID ソフトウェアは、アプライアンスにプリインストールされていません。このソフトウェアは、アプライアンスの導入時に管理ノードから取得されます。
  • グリッドネットワーク、管理ネットワーク、クライアントネットワークを含む、 3 つの StorageGRID ネットワークすべてに接続できます。

  • E シリーズストレージコントローラに接続し、イニシエータとして機能します。

次の図は、 SG6000-CN の背面にあるコネクタを示しています。

SG6000-CN 背面のコネクタ
ポート を入力します 使用

1.

インターコネクトポート 1~4

16Gb/s Fibre Channel ( FC )、光ファイバ内蔵

SG6000-CN コントローラを E2800 コントローラに接続(各 E2800 に 2 つの接続)します。

2.

ネットワークポート 1~4

10GbE または 25GbE 。ケーブルまたは SFP トランシーバタイプ、スイッチ速度、および設定されたリンク速度に基づきます

StorageGRID のグリッドネットワークおよびクライアントネットワークに接続します。

3.

BMC 管理ポート

1GbE ( RJ-45 )

SG6000-CN のベースボード管理コントローラに接続します。

4.

診断とサポート用のポート

  • VGA

  • シリアル、 115200 8-N-1

  • USB

テクニカルサポート専用です。

5.

管理ネットワークポート 1

1GbE ( RJ-45 )

SG6000-CN を StorageGRID の管理ネットワークに接続します。

6.

管理ネットワークポート 2

1GbE ( RJ-45 )

オプション:

  • StorageGRID の管理ネットワークへの冗長接続を確保するには、管理ポート 1 とボンディングします。

  • 一時的なローカルアクセス用( IP 169.254.0.1 )に空けておくことができます。

  • DHCP によって割り当てられた IP アドレスを使用できない場合は、設置時の IP 設定にポート 2 を使用します。

SG6060とSG6060X:E2800シリーズのストレージコントローラ

  • 2 台のコントローラでフェイルオーバーに対応。

  • ドライブ上のデータを格納。

  • デュプレックス構成では標準の E シリーズコントローラとして機能。

  • SANtricity OS ソフトウェア(コントローラファームウェア)を搭載。

  • ストレージハードウェアの監視やアラートの管理、 AutoSupport 機能、ドライブセキュリティ機能に対応した SANtricity System Manager が搭載されています。

  • SG6000-CN コントローラに接続して、ストレージへのアクセスを提供します。

SG6060とSG6060Xでは、E2800シリーズのストレージコントローラを使用します。

アプライアンス コントローラ

SG6060 の設計

E2800Aストレージコントローラ×2

SG6060Xの

E2800Bストレージコントローラ×2

E2800AにはHICがなく、E2800Bには4ポートのHICが搭載されています。E2800AとE2800Bのストレージコントローラの仕様と機能は、インターコネクトポートの場所を除きます。

注意 同じアプライアンスにE2800AとE2800Bを使用しないでください。

次の図は、E2800シリーズの各コントローラの背面にあるコネクタを示しています。

  • E2800Aストレージコントローラ*

E2800Aコントローラのコネクタ
ポート を入力します 使用

1.

インターコネクトポート 1 と 2

16Gb/s FC 光ファイバ SFPA

E2800AコントローラのそれぞれをSG6000-CNコントローラに接続します。SG6000-CNコントローラへの接続は4つ(各E2800Aから2つ)あります。

2.

管理ポート 1 と 2

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

  • ポート 1 のオプション:

    • 管理ネットワークに接続して、 SANtricity System Manager に TCP/IP で直接アクセスできるようにします

    • スイッチポートと IP アドレスを保存する場合は、有線を使用しないでください。SANtricity System Manager には、グリッドマネージャまたはストレージグリッドアプライアンスインストーラの UI を使用してアクセスします。

  • 注 * :正確なログタイムスタンプのための NTP 同期など、オプションの SANtricity 機能の一部は、ポート 1 を有線接続しないままにする場合は使用できません。

  • 注:ポート 1 を有線接続しない場合は、 StorageGRID 11.5 以降および SANtricity 11.70 以降が必要です。

  • ポート 2 はテクニカルサポート専用です。

3.

診断とサポート用のポート

  • RJ-45 シリアルポート

  • マイクロ USB シリアルポート

  • USB ポート

テクニカルサポート専用です。

4.

ドライブ拡張ポート 1 と 2

12Gb/ 秒 SAS の場合

拡張シェルフの IOM のドライブ拡張ポートに接続します。

  • E2800Bストレージコントローラ×

E2800Bコントローラのコネクタ
ポート を入力します 使用

1.

インターコネクトポート 1 と 2

16Gb/s FC 光ファイバ SFPA

E2800BコントローラのそれぞれをSG6000-CNコントローラに接続します。SG6000-CNコントローラへの接続は4つ(各E2800Bから2つ)あります。

2.

管理ポート 1 と 2

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

  • ポート 1 のオプション:

    • 管理ネットワークに接続して、 SANtricity System Manager に TCP/IP で直接アクセスできるようにします

    • スイッチポートと IP アドレスを保存する場合は、有線を使用しないでください。SANtricity System Manager には、グリッドマネージャまたはストレージグリッドアプライアンスインストーラの UI を使用してアクセスします。

  • 注 * :正確なログタイムスタンプのための NTP 同期など、オプションの SANtricity 機能の一部は、ポート 1 を有線接続しないままにする場合は使用できません。

  • 注:ポート 1 を有線接続しない場合は、 StorageGRID 11.5 以降および SANtricity 11.70 以降が必要です。

  • ポート 2 はテクニカルサポート専用です。

3.

診断とサポート用のポート

  • RJ-45 シリアルポート

  • マイクロ USB シリアルポート

  • USB ポート

テクニカルサポート専用です。

4.

ドライブ拡張ポート 1 と 2

12Gb/ 秒 SAS の場合

拡張シェルフの IOM のドライブ拡張ポートに接続します。

SGF6024 : EF570 ストレージコントローラ

  • 2 台のコントローラでフェイルオーバーに対応。

  • ドライブ上のデータを格納。

  • デュプレックス構成では標準の E シリーズコントローラとして機能。

  • SANtricity OS ソフトウェア(コントローラファームウェア)を搭載。

  • ストレージハードウェアの監視やアラートの管理、 AutoSupport 機能、ドライブセキュリティ機能に対応した SANtricity System Manager が搭載されています。

  • SG6000-CN コントローラに接続して、フラッシュストレージへのアクセスを提供します。

次の図は、各 EF570 コントローラ背面のコネクタを示しています。

EF570 の背面コネクタ
ポート を入力します 使用

1.

インターコネクトポート 1 と 2

16Gb/s FC 光ファイバ SFPA

各 EF570 コントローラを SG6000-CN コントローラに接続します。SG6000-CN コントローラへの接続は 4 つ(各 EF570 から 2 つ)あります。

2.

診断とサポート用のポート

  • RJ-45 シリアルポート

  • マイクロ USB シリアルポート

  • USB ポート

テクニカルサポート専用です。

3.

ドライブ拡張ポート

12Gb/ 秒 SAS の場合

使用されません。SGF6024 アプライアンスでは、拡張ドライブシェルフはサポートされません。

4.

管理ポート 1 と 2

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

  • ポート 1 は、ブラウザから SANtricity System Manager にアクセスするネットワークに接続します。

  • ポート 2 はテクニカルサポート専用です。

SG6060とSG6060X:オプションの拡張シェルフの入出力モジュール

拡張シェルフには、ストレージコントローラまたはその他の拡張シェルフに接続する入出力モジュール( IOM )が 2 台搭載されています。

背面の IOM
ポート を入力します 使用

1.

ドライブ拡張ポート 1~4

12Gb/ 秒 SAS の場合

各ポートをストレージコントローラまたは追加の拡張シェルフ(ある場合)に接続します。