日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000 アプライアンス:概要

寄稿者

StorageGRID SG6000 アプライアンスは、 StorageGRID システムにおいてストレージノードとして機能する、ストレージとコンピューティングを統合したプラットフォームです。これらのアプライアンスは、アプライアンスストレージノードと仮想(ソフトウェアベース)ストレージノードを組み合わせたハイブリッドグリッド環境で使用できます。

SG6000 アプライアンスには次の機能があります。

  • 次の3つのモデルがあります。

    • SG6060には60ドライブが含まれ、拡張シェルフをサポートし、E2800Aコントローラを使用します。

    • SG6060Xは60本のドライブを搭載し、拡張シェルフをサポートし、E2800Bコントローラを使用します。

      注記 SG6060とSG6060Xの仕様と機能は、ストレージコントローラのインターコネクトポートの場所を除いて同じです。
    • SGF6024 は、 24 本のソリッドステートドライブ( SSD )を提供します。

  • StorageGRID ストレージノードのストレージ要素とコンピューティング要素を統合します。

  • ストレージノードの導入と設定を簡易化するために、 StorageGRID アプライアンスインストーラが搭載されています。

  • ストレージコントローラとドライブを管理および監視するための SANtricity System Manager が搭載されています。

  • コンピューティングコントローラのハードウェアを監視および診断するためのベースボード管理コントローラ( BMC )が搭載されています。

  • StorageGRID のグリッドネットワークとクライアントネットワークとの 10GbE または 25GbE 接続を最大 4 つサポートします。

  • 連邦情報処理標準( FIPS )ドライブに対応しています。これらのドライブを SANtricity System Manager のドライブセキュリティ機能と併用すると、データへの不正アクセスを防止できます。