日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BMC 管理ポートの IP アドレスを設定します

寄稿者

BMC インターフェイスにアクセスするには、 SG6000-CN コントローラの BMC 管理ポートの IP アドレスを設定する必要があります。

必要なもの
  • 管理クライアントがを使用している必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • StorageGRID ネットワークに接続できる管理クライアントを使用している必要があります。

  • BMC 管理ポートが、使用する管理ネットワークに接続されている必要があります。

    SG6000-CN コントローラの BMC 管理ポート

BMC 管理ポートでは、サポート目的で下位レベルのハードウェアアクセスが許可されます。

重要 このポートは、信頼されているセキュアな内部管理ネットワークにのみ接続してください。該当するネットワークがない場合は、テクニカルサポートから BMC 接続の要請があった場合を除き、 BMC ポートを接続しないか、またはブロックしたままにしてください。
手順
  1. クライアントから、 StorageGRID アプライアンス・インストーラの URL を +https://SG6000-CN_Controller_IP:8443 と入力します

    「 SG6000-CN 」の場合は、任意の StorageGRID ネットワークでアプライアンスの IP アドレスを使用します。

    StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページが表示されます。

  2. [ ハードウェアの設定 *>*BMC 構成 *] を選択します。

    Advanced > BMC Configuration オプションを示すスクリーンショット

    [Baseboard Management Controller Configuration] ページが表示されます。

  3. 自動的に表示される IPv4 アドレスを書き留めます。

    このポートに IP アドレスを割り当てるためのデフォルトの方法は、 DHCP です。

    注記 DHCP 値が表示されるまでに数分かかる場合があります。
    DHCP アドレスを示す地下管理コントローラの設定ページ
  4. 必要に応じて、 BMC 管理ポートに静的 IP アドレスを設定します。

    注記 BMC 管理ポートに静的 IP を割り当てるか、 DHCP サーバでアドレスの永久リースを割り当てる必要があります。
    1. 「 * Static * 」を選択します。

    2. CIDR 表記を使用して IPv4 アドレスを入力します。

    3. デフォルトゲートウェイを入力します。

      Baseboard Management Controller Configuration Static オプション
    4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

      変更が適用されるまで数分かかる場合があります。