日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6060とSG6060X:60ドライブシェルフをキャビネットまたはラックに設置

寄稿者

キャビネットまたはラックに E2860 コントローラシェルフ用のレール一式を取り付け、レールにコントローラシェルフをスライドさせます。60 ドライブ拡張シェルフを設置する場合は、同じ手順 が適用されます。

必要なもの
  • 同梱されている安全上の注意に関するドキュメントを確認し、ハードウェアの移動と設置に関する注意事項を理解しておきます。

  • レールキットに手順書が同梱されていることを確認します。

注意 ドライブが取り付けられていない状態の 60 ドライブシェルフの重量は、約 60kg ( 132 ポンド)です。シェルフを安全に移動するには、 4 名の人員または電動リフトが必要です。
注意 ハードウェアの損傷を避けるため、ドライブを取り付けた状態でシェルフを移動しないでください。シェルフを移動する前に、ドライブをすべて取り外す必要があります。
注意 E2860 コントローラシェルフまたはオプションの拡張シェルフを設置する場合は、機器の転倒を防ぐために、ラックまたはキャビネットの一番下から順にハードウェアを設置してください。最も重い機器をキャビネットまたはラックの一番下に設置するには、 E2860 コントローラシェルフおよび拡張シェルフの上に SG6000-CN コントローラを設置します。
重要 設置作業を行う前に、アプライアンスに付属の 0.5m 光ケーブル、または用意したケーブルの長さが、計画したレイアウトに十分であることを確認してください。
手順
  1. キャビネットまたはラックにレールを取り付ける際には、レールキットの手順書に慎重に従ってください。

    角穴キャビネットの場合は、最初に付属のケージナットを取り付けて、シェルフの前面と背面をネジで固定する必要があります。

  2. アプライアンスの外箱を取り外します。次に、内側のボックスのフラップを折りたたみます。

  3. アプライアンスを手で持ち上げる場合は、シャーシの側面に 4 つのハンドルを取り付けます。

    各ハンドルをカチッと所定の位置に収まるまで押し上げます。

    ハンドルを持ち上げます
  4. シェルフの背面(コネクタ側)をレールに配置します。

  5. シェルフを底から支えながら、キャビネットにスライドさせます。ハンドルを使用している場合は、サムラッチを使用して、シェルフをスライドさせながら一度に 1 つずつハンドルを外します。

    ハンドルを取り外すには、リリースラッチを後方に引き、押し下げてシェルフから引き出します。

  6. シェルフをキャビネットの前面に固定します。

    シェルフの両側の上部から 1 番目と 3 番目の穴にネジを差し込みます。

  7. シェルフをキャビネットの背面に固定します。

    シェルフの背面上部の両側に 2 つの後部ブラケットを配置します。各ブラケットの 1 番目と 3 番目の穴にネジを差し込みます。

    ハードウェアのマウント
  8. すべての拡張シェルフについて、上記の手順を繰り返します。