日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コンテナの処理

寄稿者

StorageGRID では、 Swift アカウントあたり最大で 1 、 000 個のコンテナがサポートされます。コンテナに対して実行する Swift API 処理を次に示します。

コンテナを削除します

この処理は、 StorageGRID システムの Swift アカウントから空のコンテナを削除します。

次の要求パラメータが必要です。

  • 「アカウント」

  • 「コンテナ」

次の要求ヘッダーが必要です。

  • 「 X-Auth-Token 」

実行が成功すると、「 HTTP/1.1 204 No Content 」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

  • 「 Content-Length 」

  • 「 Content-Type 」

  • 「日付」

  • 「 X-Trans-ID 」

GET コンテナ

この処理は、コンテナに関連付けられているオブジェクトリストを、 StorageGRID システム内のコンテナの統計情報およびメタデータとともに読み出します。

次の要求パラメータが必要です。

  • 「アカウント」

  • 「コンテナ」

次の要求ヘッダーが必要です。

  • 「 X-Auth-Token 」

次のサポートされている要求クエリパラメータはオプションです。

  • 「デリミタ」

  • 「 End_marker 」のように入力します

  • 「フォーマット」

  • 「制限」

  • 「マーカー」

  • 「パス」

  • 「接頭辞」

実行が成功すると、「 HTTP/1.1 200 Success 」または「 HTTP/1.1 204 No Content 」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

  • 「 Accept-Ranges 」を参照してください

  • 「 Content-Length 」

  • 「 Content-Type 」

  • 「日付」

  • 「 X-Container-Bytes - Used 」

  • 「 X-Container-Object-Count 」

  • 「 X - タイムスタンプ」

  • 「 X-Trans-ID 」

HEAD コンテナ

この処理は、 StorageGRID システムからコンテナの統計情報とメタデータを読み出します。

次の要求パラメータが必要です。

  • 「アカウント」

  • 「コンテナ」

次の要求ヘッダーが必要です。

  • 「 X-Auth-Token 」

実行が成功すると、「 HTTP/1.1 204 No Content 」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

  • 「 Accept-Ranges 」を参照してください

  • 「 Content-Length 」

  • 「日付」

  • 「 X-Container-Bytes - Used 」

  • 「 X-Container-Object-Count 」

  • 「 X - タイムスタンプ」

  • 「 X-Trans-ID 」

PUT コンテナ

この処理は、 StorageGRID システムのアカウントにコンテナを作成します。

次の要求パラメータが必要です。

  • 「アカウント」

  • 「コンテナ」

次の要求ヘッダーが必要です。

  • 「 X-Auth-Token 」

実行が成功すると、「 HTTP/1.1 201 Created 」または「 HTTP/1.1 202 Accepted 」の応答(このアカウントにコンテナがすでに存在する場合)とともに次のヘッダーが返されます。

  • 「 Content-Length 」

  • 「日付」

  • 「 X - タイムスタンプ」

  • 「 X-Trans-ID 」

コンテナ名は StorageGRID ネームスペース内で一意である必要があります。このコンテナが別のアカウントの下に存在する場合は、ヘッダー「 HTTP/1.1 409 Conflict 」が返されます。