日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID での Swift API サポートの履歴

寄稿者

StorageGRID システムでの Swift REST API のサポートに関する変更点に注意する必要があります。

リリース。 コメント

11.6

編集上のいくつかの変更点。

11.5

弱い整合性制御を削除しました。代わりに、 available 整合性レベルが使用されます。

11.4

TLS 1.3 のサポートの追加と、サポートされる TLS 暗号スイートのリストの更新CLB は廃止されました。ILM と整合性設定の間の相互関係の概要 が追加されました。

11.3

PUT Object 処理が更新され、取り込み時に同期配置を使用する ILM ルールの影響(取り込み動作の Balanced オプションと Strict オプション)が記述されるようになりました。ロードバランサエンドポイントまたはハイアベイラビリティグループを使用するクライアント接続の概要 が追加されました。サポートされる TLS 暗号スイートのリストが更新されました。TLS 1.1 暗号はサポートされなくなりました。

11.2

ドキュメントに対する編集上の変更がいくつかあります。

11.1

グリッドノードへの Swift クライアント接続での HTTP の使用のサポートが追加されました。整合性制御の定義が更新されました。

11.0

テナントアカウントにつき 1 、 000 個のコンテナのサポートが追加されました。

10.3

ドキュメントの管理に関する記述の更新と修正カスタムサーバ証明書の設定に関するセクションが削除されました。

10.2

StorageGRID システムで Swift API が初めてサポートされました。現在サポートされているバージョンは、 OpenStack Swift Object Storage API v1 です。