日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Swift の使用:概要

寄稿者

クライアントアプリケーションでは、 OpenStack Swift API を使用して、 StorageGRID システムを操作できます。

StorageGRID でサポートしている Swift および HTTP のバージョンは次のとおりです。

項目 バージョン

Swift の仕様

2015 年 11 月時点の OpenStack Swift Object Storage API v1

HTTP

1.1 HTTP の詳細については、 HTTP/1.1 ( RFC 7230~7235 )を参照してください。

  • 注: StorageGRID は、 HTTP/1.1 パイプラインをサポートしません。