日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プラットフォームサービスの使用に関する考慮事項

寄稿者

プラットフォームサービスを実装する前に、これらのサービスの使用に関する推奨事項と考慮事項を確認してください。

S3 の詳細については、を参照してください S3 を使用する

プラットフォームサービスの使用に関する考慮事項

考慮事項 詳細

デスティネーションエンドポイントの監視

各デスティネーションエンドポイントの可用性を監視する必要があります。長時間にわたってデスティネーションエンドポイントへの接続が失われ、要求のバックログが大量に発生している場合、 StorageGRID に対する以降のクライアント要求( PUT 要求など)は失敗します。エンドポイントがアクセス可能になったら、失敗した要求を再試行する必要があります。

デスティネーションエンドポイントのスロットル

要求が送信されるペースがデスティネーションエンドポイントで要求を受信できるペースを超えると、 StorageGRID ソフトウェアはバケットの受信 S3 要求を調整する場合があります。スロットルは、デスティネーションエンドポイントへの送信を待機している要求のバックログが生じている場合にのみ発生します。

明らかな影響は、受信 S3 要求の実行時間が長くなることだけです。パフォーマンスが大幅に低下していることが検出されるようになった場合は、取り込み速度を下げるか、容量の大きいエンドポイントを使用する必要があります。要求のバックログが増え続けると、クライアント S3 処理( PUT 要求など)が失敗します。

通常、 CloudMirror 要求には、検索統合やイベント通知の要求よりも多くのデータ転送が含まれるため、デスティネーションエンドポイントのパフォーマンスによる影響を受ける可能性が高くなります。

順序保証

StorageGRID では、 1 つのサイト内のオブジェクトに対する処理の順序が保証されます。あるオブジェクトに対するすべての処理が同じサイト内で実行されるかぎり、最終的なオブジェクトの(レプリケーションの)状態は常に StorageGRID の状態と同じになります。

StorageGRID は、 StorageGRID サイト間で処理が行われる場合、最善の順序で要求を処理しようと試みます。たとえば、最初にサイト A にオブジェクトを書き込んだあと、サイト B で同じオブジェクトを上書きした場合、 CloudMirror によって最終的にデスティネーションバケットにレプリケートされるオブジェクトが新しいほうのオブジェクトであるとはかぎりません。

ILM ベースのオブジェクト削除

AWS CRR サービスと SNS サービスの削除動作を一致させるため、 StorageGRID の ILM ルールに基づいてソースバケット内のオブジェクトが削除された場合、 CloudMirror 要求とイベント通知要求は送信されません。たとえば、 ILM ルールによって 14 日後にオブジェクトが削除された場合、 CloudMirror 要求やイベント通知要求は送信されません。

一方、 ILM に基づいてオブジェクトが削除された場合、検索統合要求は送信されます。

CloudMirror レプリケーションサービスの使用に関する考慮事項

考慮事項 詳細

レプリケーションのステータス

StorageGRID は 'x-amz-replication-status ヘッダーをサポートしていません

オブジェクトのサイズ

CloudMirror レプリケーションサービスでデスティネーションバケットにレプリケートできるオブジェクトの最大サイズは 5TiB で、 maximum_supported_object サイズと同じです。

  • 注:単一 PUT Object 処理の maximum_recommended_size は 5GiB ( 5 、 368 、 709 、 120 バイト)です。5GB より大きいオブジェクトがある場合は、マルチパートアップロードを使用してください。

バケットのバージョン管理とバージョン ID

StorageGRID でソース S3 バケットのバージョン管理を有効にした場合、デスティネーションバケットのバージョン管理も有効にする必要があります。

バージョン管理を使用している場合、 S3 プロトコルの制限事項により、デスティネーションバケットのオブジェクトバージョンの処理はベストエフォートベースで行われ、 CloudMirror サービスによる保証はありません。

  • 注 * : StorageGRID のソースバケットのバージョン ID は、デスティネーションバケットのバージョン ID とは関連がありません。

オブジェクトバージョンのタグ付け

CloudMirror サービスでは、 S3 プロトコルの制限事項により、バージョン ID を提供する PUT Object tagging 要求と DELETE Object tagging 要求がレプリケートされません。ソースとデスティネーションのバージョン ID には関連がないため、特定のバージョン ID へのタグの更新を確実にレプリケートする方法はありません。

一方、バージョン ID を指定しない PUT Object tagging 要求と DELETE Object tagging 要求は、 CloudMirror サービスによってレプリケートされます。これらの要求は、最新のキー(バケットがバージョン管理されている場合は最新のバージョン)のタグを更新します。(タグの更新ではなく)タグを使用した通常の取り込みもレプリケートされます。

マルチパートアップロードと ETag 値

マルチパートアップロードを使用してアップロードされたオブジェクトをミラーリングした場合、 CloudMirror サービスではパートが保持されません。その結果、ミラーリングされたオブジェクトの「 ETag 」値は、元のオブジェクトの「 ETag 」値とは異なります。

SSE-C (ユーザ指定のキーによるサーバ側の暗号化)で暗号化されたオブジェクト

CloudMirror サービスでは、 SSE-C で暗号化されたオブジェクトがサポートされませんCloudMirror レプリケーションのソースバケットにオブジェクトを取り込む際に、要求に SSE-C 要求ヘッダーが含まれていると、処理が失敗します。

S3 オブジェクトのロックが有効になっているバケット

CloudMirror レプリケーションのデスティネーション S3 バケットで S3 オブジェクトロックが有効になっている場合は、バケットレプリケーション( PUT Bucket replication )の設定が AccessDenied エラーで失敗します。