日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プラットフォームサービスエンドポイントを編集します

寄稿者

プラットフォームサービスエンドポイントの設定を編集して、名前、 URI 、またはその他の詳細を変更できます。たとえば、期限切れのクレデンシャルを更新したり、フェールオーバー用のバックアップ Elasticsearch インデックスを指すように URI を変更したりすることが必要な場合があります。プラットフォームサービスのエンドポイントの URN を変更することはできません。

必要なもの
手順
  1. ストレージ( S3 ) * > * プラットフォームサービスのエンドポイント * を選択します。

    Platform services Endpoints ページが表示され、設定済みのプラットフォームサービスエンドポイントのリストが表示されます。

    エンドポイントリスト
  2. 編集するエンドポイントを選択します。

    エンドポイントの詳細ページが表示されます。

  3. 「 * Configuration * 」を選択します。

    エンドポイント設定の編集
  4. 必要に応じて、エンドポイントの設定を変更します。

    注記 エンドポイントの作成後に、エンドポイントの URN を変更することはできません。
    1. エンドポイントの表示名を変更するには、編集アイコンを選択します 編集アイコン

    2. 必要に応じて、 URI を変更します。

    3. 必要に応じて、認証タイプを変更します。

      • アクセスキー認証の場合は、必要に応じて「 * S3 キーの編集」を選択し、新しいアクセスキー ID とシークレットアクセスキーを貼り付けることで、キーを変更します。変更をキャンセルする必要がある場合は、 * Revert S3 key edit * を選択します。

      • Basic HTTP 認証の場合は、必要に応じてユーザ名を変更します。必要に応じてパスワードを変更するには、「 * パスワードを編集」を選択し、新しいパスワードを入力します。変更をキャンセルする必要がある場合は、 * パスワードの編集を元に戻す * を選択します。

      • CAP ( C2S Access Portal )認証の場合は、一時的なクレデンシャル URL またはオプションのクライアント秘密鍵パスフレーズを変更し、必要に応じて新しい証明書と鍵ファイルをアップロードします。

        注記 クライアント秘密鍵は、 OpenSSL 暗号化形式または暗号化されていない秘密鍵形式である必要があります。
    4. 必要に応じて、サーバを検証する方法を変更します。

  5. [ 変更のテストと保存 *] を選択します。

    • 指定したクレデンシャルを使用してエンドポイントにアクセスできた場合は、成功を伝えるメッセージが表示されます。エンドポイントへの接続は、各サイトの 1 つのノードから検証されます。

    • エンドポイントの検証が失敗した場合は、エラーメッセージが表示されます。エンドポイントを変更してエラーを修正し、 [ 変更のテストと保存 ] を選択します。