日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

最終アクセス日時の更新を有効または無効にします

寄稿者

グリッド管理者が StorageGRID システムの情報ライフサイクル管理( ILM )ルールを作成する際に、オブジェクトを別の格納場所に移動するかどうかを決定する際にオブジェクトの最終アクセス日時を使用するように指定できます。S3 テナントを使用している場合は、 S3 バケット内のオブジェクトに対して最終アクセス日時の更新を有効にすることで、このようなルールを活用できます。

この手順は、配置手順で * Last Access Time * オプションを使用する ILM ルールを 1 つ以上含む StorageGRID システムにのみ適用されます。StorageGRID システムにこのようなルールが含まれていない場合は、この手順を無視してかまいません。

必要なもの
  • Tenant Manager にはを使用してサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • Manage All Buckets 権限または Root Access 権限のあるユーザグループに属している必要があります。これらの権限は、グループまたはバケットポリシーの権限の設定よりも優先されます。を参照してください テナント管理権限

  • 最終アクセス時間 * は、 ILM ルールの * 参照時間 * 配置手順で使用できるオプションの 1 つです。ルールの参照時間を最終アクセス日時に設定すると、グリッド管理者は、オブジェクトが最後に読み出された(読み取りまたは表示された)タイミングに基づいて特定のストレージの場所にオブジェクトが配置されるように指定できます。

たとえば、最近表示したオブジェクトを高速ストレージに保持するには、次のように指定した ILM ルールを作成できます。

  • 過去 1 カ月間に読み出されたオブジェクトは、ローカルストレージノードに保持する。

  • 過去 1 カ月間に読み出されなかったオブジェクトは、オフサイトの場所に移動する。

注記 情報ライフサイクル管理を使用してオブジェクトを管理する手順を参照してください。

デフォルトでは、最終アクセス時間の更新は無効です。StorageGRID システムに、 * Last Access Time * オプションを使用する ILM ルールが含まれている場合に、このオプションをこのバケット内のオブジェクトに適用するには、そのルールで指定される S3 バケットで最終アクセス時間の更新を有効にする必要があります。

重要 オブジェクトが読み出されるときに最終アクセス日時を更新すると、特に小さなオブジェクトについては StorageGRID のパフォーマンスが低下する可能性があります。

最終アクセス時間の更新では、オブジェクトが読み出されるたびに StorageGRID で以下の追加手順が実行されるため、パフォーマンスが低下します。

  • 新しいタイムスタンプでオブジェクトを更新します

  • 現在の ILM ルールとポリシーに照らしてオブジェクトが再評価されるように、 ILM キューにオブジェクトを追加します

次の表に、最終アクセス時間が有効または無効な場合のバケット内のすべてのオブジェクトに適用される動作をまとめます。

要求のタイプ

最終アクセス時間が無効な場合の動作(デフォルト)

最終アクセス時間が有効な場合の動作

最終アクセス時間の更新

ILM 評価キューへのオブジェクトの追加

最終アクセス時間の更新

ILM 評価キューへのオブジェクトの追加

オブジェクト、そのアクセス制御リスト、またはメタデータの読み出し要求

いいえ

いいえ

はい。

はい。

オブジェクトメタデータの更新要求

はい。

はい。

はい。

はい。

バケット間でのオブジェクトのコピー要求

  • ソースコピーに対しては、「いいえ」と指定します

  • デスティネーションコピーについては、はい

  • ソースコピーに対しては、「いいえ」と指定します

  • デスティネーションコピーについては、はい

  • ソースコピーについては、はい

  • デスティネーションコピーについては、はい

  • ソースコピーについては、はい

  • デスティネーションコピーについては、はい

マルチパートアップロードの完了要求

はい、アセンブルされたオブジェクトの場合

はい、アセンブルされたオブジェクトの場合

はい、アセンブルされたオブジェクトの場合

はい、アセンブルされたオブジェクトの場合

手順
  1. ストレージ( S3 ) * > * バケット * を選択します。

  2. リストからバケット名を選択します。

    バケットの詳細ページが表示されます。

  3. 「 * Bucket options * > * Last access time updates * 」を選択します。

  4. 適切なオプションボタンを選択して、最終アクセス日時の更新を有効または無効にします。

    最終アクセス日時の更新を設定するダイアログボックスのスクリーンショット
  5. 「変更を保存」を選択します。