日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

メタデータ通知に含まれているオブジェクトメタデータ

寄稿者

次の表に、検索統合が有効になっている場合にデスティネーションエンドポイントに送信される JSON ドキュメント内のすべてのフィールドを示します。

ドキュメント名には、バケット名、オブジェクト名、バージョン ID (存在する場合)が含まれます。

を入力します 項目名と概要

バケットとオブジェクトの情報

bucket :バケットの名前

key :オブジェクトキーの名前

versionId: バージョン管理されているバケット内のオブジェクトのオブジェクトバージョン

'region': Bucket region 、たとえば、 us-east-1 です

システムメタデータ

size : HTTP クライアントから見られるオブジェクトのサイズ ( バイト単位 )

dmdd`: オブジェクトハッシュ

ユーザメタデータ

「 metadata 」:オブジェクトのすべてのユーザメタデータ(キーと値のペア)

キー : 値

タグ

tags: オブジェクトに定義されているすべてのオブジェクトタグをキーと値のペアとして使用します

キー : 値

注記 タグとユーザメタデータの場合、 StorageGRID は文字列または S3 イベント通知として Elasticsearch に日付と番号を渡します。これらの文字列を日付または数値として解釈するように Elasticsearch を設定するには、動的フィールドマッピングおよびマッピング日付形式に関する Elasticsearch の手順に従ってください。検索統合サービスを設定する前に、インデックスの動的フィールドマッピングを有効にする必要があります。ドキュメントにインデックスを付けた後は、インデックス内のドキュメントのフィールドタイプを編集できません。