日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プラットフォームサービスのエンドポイントの URN を指定してください

寄稿者

プラットフォームサービスエンドポイントを作成するときは、 Unique Resource Name ( URN )を指定する必要があります。プラットフォームサービスの設定 XML を作成する際、 URN を使用してエンドポイントを参照します。各エンドポイントの URN は一意である必要があります。

プラットフォームサービスエンドポイントは、作成時に StorageGRID で検証されます。プラットフォームサービスエンドポイントを作成する前に、エンドポイントで指定されたリソースが存在し、アクセス可能であることを確認してください。

URN 要素

プラットフォームサービスエンドポイントの URN は、 arn : aws または urn : mysite で開始する必要があります。

  • サービスが Amazon Web Services ( AWS )でホストされている場合は、「 arn : aws 」を使用します。

  • サービスが Google Cloud Platform ( GCP )でホストされている場合は、「 arn : aws 」を使用します。

  • サービスがローカルにホストされている場合は 'urn:mysite を使用します

たとえば、 StorageGRID でホストされる CloudMirror エンドポイントの URN を指定する場合、 URN は「 urn : sgws 」で始まります。

URN の次の要素では、次のようにプラットフォームサービスのタイプを指定します。

サービス を入力します

CloudMirror レプリケーション

S3

通知

SnS

検索統合

ES

たとえば、 StorageGRID でホストされる CloudMirror エンドポイントの URN を指定するには、「 s3 」を追加して「 urn : sgws : s3 」を取得します。

URN の最後の要素は、デスティネーション URI の特定のターゲットリソースを識別します。

サービス 特定のリソース

CloudMirror レプリケーション

バケット名

通知

sns-topic-name を入力します

検索統合

domain-name/index-name/type-name`

  • 注: Elasticsearch クラスタが * NOT * である場合、インデックスを自動的に作成するように設定されているため、エンドポイントを作成する前にインデックスを手動で作成する必要があります。

AWS と GCP でホストされるサービスの URN

AWS と GCP のエンティティの場合、完全な URN は有効な AWS ARN です。例:

  • CloudMirror レプリケーション:

    arn:aws:s3:::bucket-name
  • 通知:

    arn:aws:sns:region:account-id:topic-name
  • 検索統合:

    arn:aws:es:region:account-id:domain/domain-name/index-name/type-name
    注記 AWS 検索統合エンドポイントの場合、「 domain-name 」には、次に示すようにリテラル文字列「 domain/` 」を含める必要があります。

ローカルでホストされるサービスの URN

クラウド サービス ではなくローカルでホストされるサービスを使用する場合は、 URN の 3 番目と最後の必須要素が含まれていて、有効かつ一意な URN が作成されるのであれば、どのような方法で URN を指定してもかまいません。となっている要素はオプションで空白にすることも、リソースを識別して一意な URN の作成に役立つ任意の情報を指定することもできます。例:

  • CloudMirror レプリケーション:

    urn:mysite:s3:optional:optional:bucket-name

    StorageGRID でホストされる CloudMirror エンドポイントの場合、「 urn : sgws 」で始まる有効な URN を指定できます。

    urn:sgws:s3:optional:optional:bucket-name
  • 通知:

    urn:mysite:sns:optional:optional:sns-topic-name
  • 検索統合:

    urn:mysite:es:optional:optional:domain-name/index-name/type-name
    注記 ローカルでホストされる検索統合エンドポイントの場合、エンドポイントの URN が一意であるかぎり、「 domain-name 」要素には任意の文字列を指定できます。