日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

S3 バケットの詳細を表示します

寄稿者

テナントアカウントのバケットおよびバケット設定のリストを表示できます。

必要なもの
手順
  1. ストレージ( S3 ) * > * バケット * を選択します。

    バケットページが表示され、テナントアカウントのすべてのバケットがリストされます。

    バケットテーブル(バケットテーブル)
  2. 各バケットの情報を確認します。

    必要に応じて、任意の列で情報をソートしたり、リストを前後にページ移動したりできます。

    • Name :バケットの一意の名前。変更できません。

    • S3 Object Lock :このバケットで S3 オブジェクトのロックが有効になっているかどうか。

      グローバルな S3 オブジェクトのロック設定が無効になっている場合は、この列は表示されません。この列には、古い準拠バケットの情報も表示されます。

    • Region :バケットのリージョン。変更できません。

    • Object Count :このバケット内のオブジェクトの数。

    • Space Used :このバケット内のすべてのオブジェクトの論理サイズ。論理サイズには、レプリケートコピーやイレイジャーコーディングコピー、またはオブジェクトメタデータに必要な実際のスペースは含まれていません。

    • Date Created :バケットが作成された日時。

    重要 「オブジェクト数」と「使用済みスペース」の値が概算値として表示されます。これらの推定値は、取り込みのタイミング、ネットワーク接続、ノードのステータスによって左右されます。バケットでバージョン管理が有効になっている場合は、削除したオブジェクトのバージョンがオブジェクト数に含まれます。
  3. バケットの設定を表示および管理するには、バケット名を選択します。

    バケットの詳細ページでは、バケットオプション、バケットへのアクセス、およびの設定を表示および編集できます プラットフォームサービス

    バケットの詳細ページ