日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Metadata Reserved Space 設定の増加

寄稿者

StorageGRID 11.6 にアップグレードしたあとに、ストレージノードが RAM および使用可能なスペースの特定の要件を満たしている場合は、 Metadata Reserved Space システム設定を増やすことができます。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • Root Access 権限または Grid Topology Page Configuration 権限と Other Grid Configuration 権限が必要です。

  • StorageGRID 11.6 アップグレードが完了しました。

StorageGRID 11.6 にアップグレードしたあとに、システム全体の Metadata Reserved Space 設定を最大 8TB に手動で拡張できる場合があります。11.6 アップグレード後にメタデータスペースを追加予約すると、今後のハードウェアおよびソフトウェアのアップグレードが容易になります。

次の両方に該当する場合にのみ、「 Metadata Reserved Space 」設定の値を増やすことができます。

  • システムの任意のサイトのストレージノードには、それぞれ 128GB 以上の RAM が搭載されています。

  • システムの任意のサイトのストレージノードには、ストレージボリューム 0 上に十分な利用可能スペースがあります。

この設定を大きくすると、すべてのストレージノードのストレージボリューム 0 でオブジェクトストレージに使用できるスペースが同時に減少することに注意してください。そのため、想定されるオブジェクトメタデータの要件に基づいて、 Metadata Reserved Space を 8TB 未満の値に設定することを推奨します。

注記 一般的には、より低い値ではなく、より高い値を使用することをお勧めします。Metadata Reserved Space 設定が大きすぎる場合は、あとで設定を縮小できます。一方、値をあとで大きくした場合は、オブジェクトデータを移動してスペースを解放しなければならないことがあります。

Metadata Reserved Space 設定が、特定のストレージノードでオブジェクトメタデータストレージに使用できるスペースにどのように影響するかについての詳細な説明は、を参照してください オブジェクトメタデータストレージを管理する

手順
  1. を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  2. 現在の Metadata Reserved Space 設定を確認します。

    1. * 設定 * > * システム * > * ストレージ・オプション * を選択します。

    2. 「ストレージウォーターマーク」セクションで、「 * Metadata Reserved Space * 」の値を確認します。

  3. この値を増やすには、各ストレージノードのストレージボリューム 0 に十分な利用可能スペースがあることを確認してください。

    1. [* nodes (ノード) ] を選択します

    2. グリッドの最初のストレージノードを選択します。

    3. Storage (ストレージ)タブを選択します。

    4. Volumes セクションで、 * /var/local/rangedb/0 * エントリを探します。

    5. 使用可能な値が、使用する新しい値と現在の Metadata Reserved Space 値の差以上であることを確認します。

      たとえば、 Metadata Reserved Space 設定が現在 4TB の場合に、 6TB に拡張するには、使用可能な値を 2TB 以上にする必要があります。

    6. すべてのストレージノードに対して上記の手順を繰り返します。

      • 1 つ以上のストレージノードに十分な利用可能スペースがない場合は、 Metadata Reserved Space の値を増やすことはできません。この手順を続行しないでください。

      • 各ストレージノードのボリューム 0 に十分な利用可能スペースがある場合は、次の手順に進みます。

  4. 各ストレージノードに 128GB 以上の RAM があることを確認してください。

    1. [* nodes (ノード) ] を選択します

    2. グリッドの最初のストレージノードを選択します。

    3. [* ハードウェア * ] タブを選択します。

    4. メモリ使用状況グラフにカーソルを合わせます。合計メモリ * が 128 GB 以上であることを確認します。

    5. すべてのストレージノードに対して上記の手順を繰り返します。

      • 1 つ以上のストレージノードに使用可能な合計メモリが十分にない場合は、 Metadata Reserved Space の値を増やすことはできません。この手順を続行しないでください。

      • 各ストレージノードの合計メモリが 128GB 以上の場合は、次の手順に進みます。

  5. Metadata Reserved Space 設定を更新します。

    1. * 設定 * > * システム * > * ストレージ・オプション * を選択します。

    2. [ 構成 ] タブを選択します。

    3. [ 記憶域の透かし ] セクションで、 [ * Metadata Reserved Space * ] を選択します。

    4. 新しい値を入力します。

      たとえば、サポートされている最大値である 8TB を入力するには、「 * 8000000000000 * ( 8 、 0 が 12 個)」と入力します。

    Metadata Reserved Space
    1. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。