日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソフトウェアのアップグレードに必要なファイル、機器、機器を揃えます

ソフトウェアのアップグレードを開始する前に、アップグレードを正常に完了できるよう、必要なファイル、機器、情報をすべて揃えておく必要があります。

項目 注:

StorageGRID アップグレードファイル

[Download the StorageGRID upgrade files] サービスラップトップに。

サービスラップトップ

サービスラップトップには次のものが必要です。

  • ネットワークポート

  • SSH クライアント( PuTTY など)

通常、ブラウザサポートは StorageGRID リリースごとに変更されます。ブラウザが新しい StorageGRID バージョンに対応していることを確認します。

リカバリ・パッケージ( .zip )ファイル

[Download the Recovery Package] アップグレードする前に、ファイルを安全な場所に保存しておいてください。リカバリパッケージファイルは、障害が発生した場合にシステムをリストアするために使用します。

「 passwords.txt 」ファイル

このファイルは ' リカバリ・パッケージの .zip ファイルの一部である SAID パッケージに含まれています最新バージョンのリカバリパッケージを入手する必要があります。

プロビジョニングパスフレーズ

このパスフレーズは、 StorageGRID システムが最初にインストールされるときに作成されて文書化されます。プロビジョニング・パスフレーズは 'passwords.txt ファイルにはリストされていません

関連ドキュメント

StorageGRID アップグレードファイルをダウンロードします

ノードのインストール場所に応じて、 1 つ以上のファイルをダウンロードする必要があります。

  • * すべてのプラットフォーム *:`.upgrade` ファイル

Linux ホストに導入されているノードがある場合は、 RPM アーカイブまたは DEB アーカイブもダウンロードする必要があります。これは、アップグレードを開始する前にインストールします。

  • * Red Hat Enterprise Linux または CentOS * :追加の RPM ファイル(「 .zip 」または「 .tgz 」)

  • Ubuntu または Debian: 追加の DEB ファイル (.zip または `.tgz)

手順
  1. に進みます "ネットアップのダウンロード: StorageGRID"

  2. 最新のリリースをダウンロードするボタンを選択するか、ドロップダウンメニューから別のバージョンを選択して、「 * Go * 」を選択します。

    StorageGRID ソフトウェアのバージョンの形式は、 11.x.y. です。StorageGRID ホットフィックスの形式は、 11._x.y.z _ です。

  3. ネットアップアカウントのユーザ名とパスワードを使用してサインインします。

  4. 「注意 / 必ずお読みください」という記述が表示されたら、それを読んでチェックボックスを選択してください。

    このステートメントは、リリースに必要なホットフィックスがある場合に表示されます。

  5. エンドユーザライセンス契約を読み、チェックボックスをオンにして、「 * 同意して続行 * 」を選択します。

    選択したバージョンのダウンロードページが表示されます。このページには 3 つの列があります。

    • StorageGRID をインストールします

    • StorageGRID をアップグレードします

    • StorageGRID アプライアンスのサポートファイル

  6. [*Upgrade StorageGRID *] カラムで '`.upgrade] アーカイブを選択してダウンロードします

    すべてのプラットフォームには '.upgrade アーカイブが必要です

  7. Linux ホストに導入されているノードがある場合は '.tgz 形式または '.zip 形式の RPM または DEB アーカイブもダウンロードしますサービスラップトップで Windows を実行している場合は '.zip ファイルを選択します

    • Red Hat Enterprise Linux または CentOS +StorageGRID -Webscale --version-RPM-uniqueID_.zip +`StorageGRID -Webscale --version-RPM-uniqueID_tgz

    • Ubuntu または Debian+`StorageGRIDWeb-Webscale --version_ DEB --uniqueID.zip `+`StorageGRIDWebscale --version-DEB — uniqueID.tgz `

      注記 SG100 または SG1000 では追加のファイルは必要ありません。

リカバリパッケージをダウンロードします

リカバリパッケージファイルを使用すると、障害発生時に StorageGRID システムをリストアできます。StorageGRID システムでグリッドトポロジの変更を行う前、またはソフトウェアをアップグレードする前に、現在のリカバリパッケージファイルをダウンロードしてください。グリッドトポロジを変更するかソフトウェアをアップグレードしたあとに、リカバリパッケージの新しいコピーをダウンロードします。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

  • 特定のアクセス権限が必要です。

手順
  1. [* Maintenance * (メンテナンス) ] > [* System * (システム * ) ] > [* Recovery Package] (リカバリパッケージ * )

  2. プロビジョニングパスフレーズを入力し、 * ダウンロードの開始 * を選択します。

    ダウンロードがすぐに開始されます。

  3. ダウンロードが完了したら、次の手順を実行

    1. 「 .zip 」ファイルを開きます。

    2. これには 'gpt-backup' ディレクトリと内部の '.zip ファイルが含まれていることを確認します

    3. 内部の「 .zip 」ファイルを解凍します。

    4. 「 passwords.txt 」ファイルを開くことができることを確認します。

  4. ダウンロードしたリカバリ・パッケージ・ファイル( .zip )を ' 安全で安全な 2 つの場所にコピーします

    重要 リカバリパッケージファイルには StorageGRID システムからデータを取得するための暗号キーとパスワードが含まれているため、安全に保管する必要があります。