日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

保留中のグリッドノードを承認します

各グリッドノードは、 StorageGRID システムに追加する前に承認する必要があります。

仮想アプライアンスと StorageGRID アプライアンスのグリッドノードをすべて導入しておきます。

重要 一部のノードだけを先にインストールしてから、一部のノードだけをインストールするよりも、すべてのノードを 1 つのインストールする方が効率的です。
手順
  1. Pending 状態のノードのリストを確認し、導入したすべてのグリッドノードが表示されていることを確認します。

    注記 見つからないグリッドノードがある場合は、正常に導入されたことを確認します。
  2. 承認する保留中のノードの横にあるラジオボタンを選択します。

    この図には説明が付随しています。
  3. [ 承認( Approve ) ] をクリックします

  4. [ 一般設定 ] で、必要に応じて次のプロパティの設定を変更します。

    この図には説明が付随しています。
    • * Site * :このグリッドノードが関連付けられるサイトの名前。

    • * 名前 * :ノードに割り当てられる名前。 Grid Manager に表示される名前。デフォルトでは、ノードの設定時に指定した名前が付けられます。インストールプロセスのこのステップでは、必要に応じて名前を変更できます。

      重要 インストールの完了後にノードの名前を変更することはできません。
    注記 VMware ノードの場合はここで名前を変更できますが、 vSphere で仮想マシンの名前は変更されません。
    • * NTP Role * :グリッドノードのネットワークタイムプロトコル( NTP )ロール。オプションは * Automatic * 、 * Primary * 、 * Client * です。「 * 自動」を選択すると、管理ノード、 ADC サービスを採用するストレージノード、ゲートウェイノード、および静的な IP アドレスでないグリッドノードにプライマリロールが割り当てられます。他のすべてのグリッドノードにはクライアントロールが割り当てられます。

      重要 各サイトの少なくとも 2 つのノードが、少なくとも 4 つの外部 NTP ソースにアクセスできることを確認します。NTP ソースにアクセスできるノードがサイトに 1 つしかないと、そのノードがダウンした場合にタイミングの問題が生じます。また、各サイトで 2 つのノードをプライマリ NTP ソースとして指定することにより、サイトがグリッドの他の部分から分離されても、正確なタイミングが保証されます。
    • * ADC service * (ストレージノードのみ):「 * Automatic * 」を選択して、ノードに Administrative Domain Controller ( ADC )サービスが必要かどうかをシステムに通知します。ADC サービスは、グリッドサービスの場所と可用性を追跡します。各サイトで少なくとも 3 つのストレージノードに ADC サービスが含まれている必要があります。導入後のノードに ADC サービスを追加することはできません。

  5. グリッドネットワークで、必要に応じて次のプロパティの設定を変更します。

    • * IPv4 Address ( CIDR ) * :グリッドネットワークインターフェイス(コンテナ内の eth0 )の CIDR ネットワークアドレス。例: 192.168.1.234/21

    • * ゲートウェイ * :グリッドネットワークゲートウェイ。例: 192.168.0.1

      注記 グリッドサブネットが複数ある場合は、ゲートウェイが必要です。
    注記 グリッドネットワーク設定で DHCP を選択した場合は、ここで値を変更すると、新しい値がノード上の静的アドレスとして設定されます。設定された IP アドレスが DHCP アドレスプールにないことを確認する必要があります。
  6. グリッドノードの管理ネットワークを設定する場合は、必要に応じて管理ネットワークセクションで設定を追加または更新します。

    サブネット( CIDR ) * テキストボックスに、このインターフェイスから発信されるルートの宛先サブネットを入力します。管理サブネットが複数ある場合は、管理ゲートウェイが必要です。

    注記 管理ネットワーク設定で DHCP を選択した場合は、ここで値を変更すると、新しい値がノード上の静的アドレスとして設定されます。設定された IP アドレスが DHCP アドレスプールにないことを確認する必要があります。
    • アプライアンス: StorageGRID アプライアンスでは、 StorageGRID アプライアンスインストーラを使用した初回インストール時に管理ネットワークが設定されなかった場合、このグリッドマネージャのダイアログボックスで管理ネットワークを設定することはできません。代わりに、次の手順を実行する必要があります。

      1. アプライアンスをリブートします。アプライアンスインストーラで、 * Advanced * > * Reboot * を選択します。

        リブートには数分かかることがあります。

      2. [Configure Networking*] > [Link Configuration] を選択し、適切なネットワークを有効にします。

      3. [Configure Networking*]>[IP Configuration] を選択し、有効なネットワークを設定します。

      4. ホームページに戻り、「インストールの開始」をクリックします。

      5. Grid Manager で、ノードが承認済みノード( Approved Nodes )テーブルにリストされている場合は、ノードをリセットします。

      6. Pending Nodes テーブルからノードを削除します。

      7. ノードが Pending Nodes リストに再表示されるまで待ちます。

      8. 適切なネットワークを設定できることを確認します。IP Configuration ページで指定した情報があらかじめ入力されている必要があります。

        追加情報 の場合は、使用しているアプライアンスモデルのインストールとメンテナンスの手順を参照してください。

  7. グリッドノードのクライアントネットワークを設定する場合は、必要に応じてクライアントネットワークセクションで設定を追加または更新します。クライアントネットワークを設定する場合はゲートウェイが必要になります。これは、インストール後にノードのデフォルトゲートウェイになります。

    注記 クライアントネットワーク設定で DHCP を選択した場合は、ここで値を変更すると、新しい値がノード上の静的アドレスとして設定されます。設定された IP アドレスが DHCP アドレスプールにないことを確認する必要があります。
    • アプライアンス: StorageGRID アプライアンスでは、 StorageGRID アプライアンスインストーラを使用した初回インストール時にクライアントネットワークが設定されなかった場合、このグリッドマネージャのダイアログボックスでクライアントネットワークを設定することはできません。代わりに、次の手順を実行する必要があります。

      1. アプライアンスをリブートします。アプライアンスインストーラで、 * Advanced * > * Reboot * を選択します。

        リブートには数分かかることがあります。

      2. [Configure Networking*] > [Link Configuration] を選択し、適切なネットワークを有効にします。

      3. [Configure Networking*]>[IP Configuration] を選択し、有効なネットワークを設定します。

      4. ホームページに戻り、「インストールの開始」をクリックします。

      5. Grid Manager で、ノードが承認済みノード( Approved Nodes )テーブルにリストされている場合は、ノードをリセットします。

      6. Pending Nodes テーブルからノードを削除します。

      7. ノードが Pending Nodes リストに再表示されるまで待ちます。

      8. 適切なネットワークを設定できることを確認します。IP Configuration ページで指定した情報があらかじめ入力されている必要があります。

        追加情報 の場合は、使用しているアプライアンスのインストールとメンテナンスの手順を参照してください。

  8. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    グリッドノードエントリが [ 承認済みノード( Approved Nodes ) ] リストに移動します。

    この図には説明が付随しています。
  9. 承認する保留中のグリッドノードごとに、上記の手順を繰り返します。

    グリッドに必要なすべてのノードを承認する必要があります。ただし、サマリページで * インストール * をクリックする前に、いつでもこのページに戻ることができます。承認済みグリッドノードのプロパティを変更するには、ラジオボタンを選択し、 * 編集 * をクリックします。

  10. グリッドノードの承認が完了したら、 * 次へ * をクリックします。