日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Trident オペレータの環境をカスタマイズ

寄稿者

Trident オペレータは 'TridentOrchestrator 仕様の属性を使用して 'Astra Trident のインストール方法をカスタマイズできます

属性のリストについては、次の表を参照してください。

パラメータ 説明 デフォルト

「 namespace 」を参照してください

Astra Trident をインストールするネームスペース

デフォルト

「バグ」

Astra Trident のデバッグを有効にします

いいえ

「 IPv6 」

IPv6 経由の Astra Trident をインストール

いいえ

k8sTimeout

Kubernetes 処理のタイムアウト

30 秒

'ilenceAutosupport

AutoSupport バンドルをネットアップに自動的に送信しない

いいえ

enableNodePrep

ワーカーノードの依存関係を自動的に管理( * beta * )

いいえ

「 autosupportImage 」を参照してください

AutoSupport テレメトリのコンテナイメージ

「 NetApp/trident-autosupport : 21.04.0 」

「 autosupportProxy 」と入力します

AutoSupport テレメトリを送信するプロキシのアドレス / ポート

"http://proxy.example.com:8888"

uninstall

Astra Trident のアンインストールに使用するフラグ

いいえ

「 logFormat 」

Astra Trident のログ形式が使用 [text 、 JSON]

テキスト( Text )

「 tridentImage 」のように入力します

インストールする Astra Trident イメージ

「 NetApp / Trident : 21.04 」

「 imageRegistry 」と入力します

内部レジストリへのパス。形式は「 <registry fqdn>[:port][/ssubpath]] 」です

"k83.gcr.io/sig-storage (k8s 1.17+) または Qua.io/k8scsi"

「 kubeletDir 」を参照してください

ホスト上の kubelet ディレクトリへのパス

「 /var/lib/kubelet 」

「 wippeout 」

Astra Trident を完全に削除するために削除するリソースのリスト

「 imagePullSecrets 」

内部レジストリからイメージをプルするシークレット

重要 「 TridentOrchestrator 」では、どのネームスペース Astra Trident がにインストールされているかを示すために pec.namespace` が指定されています。このパラメータ * は、 Astra Trident のインストール後に更新できません * 。これを実行すると、「 TridentOrchestrator 」のステータスが「 Failed 」に変わります。Astra Trident は、ネームスペース間での移行を意図したものではありません。
注記 自動ワーカーノードの前処理は、非本番環境でのみ使用することを目的とした * ベータ機能です。

「 TridentOrchestrator 」を定義するときに上記の属性を使用して、インストールをカスタマイズできます。次に例を示します。

$ cat deploy/crds/tridentorchestrator_cr_imagepullsecrets.yaml
apiVersion: trident.netapp.io/v1
kind: TridentOrchestrator
metadata:
  name: trident
spec:
  debug: true
  namespace: trident
  tridentImage: netapp/trident:21.04.0
  imagePullSecrets:
  - thisisasecret

「 TridentOrchestrator 」引数で許可される範囲を超えてインストールをカスタマイズする場合は、「 tridentctl 」を使用して必要に応じて変更できるカスタム YAML マニフェストを生成することを検討してください。