日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

次の手順

寄稿者

Astra Trident の導入が完了したら、バックエンドの作成、ストレージクラスの作成、ボリュームのプロビジョニング、ポッドでのボリュームのマウントを実行できます。

手順 1 :バックエンドを作成する

これで、 Astra Trident がボリュームのプロビジョニングに使用するバックエンドを作成できるようになります。そのためには、必要なパラメータを含む「 backend.json 」ファイルを作成します。さまざまなバックエンドタイプのサンプル構成ファイルは 'sample-input' ディレクトリにあります

を参照してください "こちらをご覧ください" バックエンドタイプのファイルを設定する方法の詳細については、を参照してください。

cp sample-input/<backend template>.json backend.json
vi backend.json
./tridentctl -n trident create backend -f backend.json
+-------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
|    NAME     | STORAGE DRIVER |                 UUID                 | STATE  | VOLUMES |
+-------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
| nas-backend | ontap-nas      | 98e19b74-aec7-4a3d-8dcf-128e5033b214 | online |       0 |
+-------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+

作成に失敗した場合は、バックエンド設定に何か問題があります。次のコマンドを実行すると、ログを表示して原因を特定できます。

./tridentctl -n trident logs

問題に対処したら、この手順の最初に戻ってやり直してください。トラブルシューティングのヒントについては、を参照してください "トラブルシューティング" セクション。

手順 2 :ストレージクラスを作成する

Kubernetes ユーザは、を指定する Persistent Volume クレーム( PVC )を使用してボリュームをプロビジョニングします "ストレージクラス" 名前で検索できます。詳細情報はユーザには表示されませんが、ストレージクラスは、そのクラスに使用されるプロビジョニングツール(この場合は Trident )と、そのクラスがプロビジョニングツールにもたらす意味を特定します。

ストレージクラスの Kubernetes ユーザがボリュームを必要なときに指定するストレージクラスを作成します。このクラスの構成では、前の手順で作成したバックエンドをモデリングし、 Astra Trident が新しいボリュームのプロビジョニングにこのバックエンドを使用するようにする必要があります。

最もシンプルなストレージクラスは ' インストーラに付属の 'sample -input/storage-class-csI.yamml.templ' ファイルに基づいていますこれは ' backend_type_ をストレージドライバ名に置き換えます

./tridentctl -n trident get backend
+-------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
|    NAME     | STORAGE DRIVER |                 UUID                 | STATE  | VOLUMES |
+-------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
| nas-backend | ontap-nas      | 98e19b74-aec7-4a3d-8dcf-128e5033b214 | online |       0 |
+-------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+

cp sample-input/storage-class-csi.yaml.templ sample-input/storage-class-basic-csi.yaml

# Modify __BACKEND_TYPE__ with the storage driver field above (e.g., ontap-nas)
vi sample-input/storage-class-basic-csi.yaml

これは Kubernetes オブジェクトなので 'kubectl' を使用して Kubernetes で作成します

kubectl create -f sample-input/storage-class-basic-csi.yaml

Kubernetes と Astra Trident の両方で、 * basic-csi * ストレージクラスが表示され、 Astra Trident がバックエンドのプールを検出しました。

kubectl get sc basic-csi
NAME         PROVISIONER             AGE
basic-csi    csi.trident.netapp.io   15h

./tridentctl -n trident get storageclass basic-csi -o json
{
  "items": [
    {
      "Config": {
        "version": "1",
        "name": "basic-csi",
        "attributes": {
          "backendType": "ontap-nas"
        },
        "storagePools": null,
        "additionalStoragePools": null
      },
      "storage": {
        "ontapnas_10.0.0.1": [
          "aggr1",
          "aggr2",
          "aggr3",
          "aggr4"
        ]
      }
    }
  ]
}

手順 3 :最初のボリュームをプロビジョニングします

これで、最初のボリュームを動的にプロビジョニングできます。これは Kubernetes を作成することで実現されます "永続的ボリュームの要求" ( PVC )オブジェクト。

作成したストレージクラスを使用するボリュームの PVC を作成します。

例については 'sample-input/pvc-basic-csI.yaml を参照してくださいストレージクラス名が、作成した名前と一致していることを確認します。

kubectl create -f sample-input/pvc-basic-csi.yaml

kubectl get pvc --watch
NAME      STATUS    VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES  STORAGECLASS   AGE
basic     Pending                                                                       basic          1s
basic     Pending   pvc-3acb0d1c-b1ae-11e9-8d9f-5254004dfdb7   0                        basic          5s
basic     Bound     pvc-3acb0d1c-b1ae-11e9-8d9f-5254004dfdb7   1Gi        RWO           basic          7s

手順 4 :ボリュームをポッドにマウントする

次に、ボリュームをマウントします。次に '/usr/share/nginx/html' の下に PV をマウントする nginx ポッドを起動します

cat << EOF > task-pv-pod.yaml
kind: Pod
apiVersion: v1
metadata:
  name: task-pv-pod
spec:
  volumes:
    - name: task-pv-storage
      persistentVolumeClaim:
       claimName: basic
  containers:
    - name: task-pv-container
      image: nginx
      ports:
        - containerPort: 80
          name: "http-server"
      volumeMounts:
        - mountPath: "/usr/share/nginx/html"
          name: task-pv-storage
EOF
kubectl create -f task-pv-pod.yaml
# Wait for the pod to start
kubectl get pod --watch

# Verify that the volume is mounted on /usr/share/nginx/html
kubectl exec -it task-pv-pod -- df -h /usr/share/nginx/html

# Delete the pod
kubectl delete pod task-pv-pod

この時点でポッド(アプリケーション)は存在しなくなりますが、ボリュームはまだ存在しています。必要に応じて、別のポッドから使用できます。

ボリュームを削除するには、要求を削除します。

kubectl delete pvc basic

これで、次のような追加タスクを実行できます。