日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

tridentctl コマンドとオプション

寄稿者

"Trident インストーラバンドル" Astra Trident へのシンプルなアクセスを提供するコマンドラインユーティリティ「 tridentctl 」が含まれています。十分な権限を持つ Kubernetes ユーザは、このロールを使用して Astra Trident をインストールしたり、 Astra Trident ポッドが含まれるネームスペースを直接管理したりできます。

使用方法については 'tridentctl --help' を実行してください

使用可能なコマンドとグローバルオプションは次のとおりです。

Usage:
  tridentctl [command]

使用可能なコマンド:

  • create : Astra Trident にリソースを追加します。

  • 「削除」 : Astra Trident から 1 つ以上のリソースを削除します。

  • 「 GET 」: Astra Trident から 1 つ以上のリソースを取得します。

  • 「 help 」:任意のコマンドに関するヘルプ。

  • imag: Astra Trident が必要とするコンテナイメージのテーブルを印刷しなさい。

  • import` :既存のリソースを Astra Trident にインポートします。

  • install` : Astra Trident をインストールします。

  • logs` : Astra Trident からログを印刷します。

  • 'send': Astra Trident からリソースを送信します

  • uninstall: Astra Trident をアンインストールします。

  • update : Astra Trident のリソースを変更します。

  • アップグレード: Astra Trident のリソースをアップグレードします。

  • 've rsion : Astra Trident のバージョンを印刷します。

フラグ:

  • -d, --debug: デバッグ出力。

  • -h, --help : tridentctl のヘルプ。

  • n,--namespace string: Astra Trident 配備の名前空間。

  • -o ,--output string: 出力形式。JSON の 1 つ | yaml | name | wide | ps (デフォルト)。

  • s'--server string: Astra Trident REST インタフェースのアドレス / ポート。

作成

create コマンドを実行して 'Astra Trident にリソースを追加できます

Usage:
  tridentctl create [option]

利用可能なオプション : backend`: Astra Trident にバックエンドを追加します。

削除

「削除」コマンドを実行すると、 Astra Trident から 1 つ以上のリソースを削除できます。

Usage:
  tridentctl delete [option]

使用可能なオプション:

  • backend`: Astra Trident から 1 つ以上のストレージバックエンドを削除します。

  • 'node`: Astra Trident から 1 つ以上の CSI ノードを削除します。

  • 'Snapshot` : Astra Trident から 1 つ以上のボリュームスナップショットを削除します。

  • 'torageclas' : Astra Trident から 1 つ以上のストレージクラスを削除します

  • 'volume` : Astra Trident から 1 つ以上のストレージボリュームを削除します

取得

get コマンドを実行すると 'Astra Trident から 1 つ以上のリソースを取得できます

Usage:
  tridentctl get [option]

使用可能なオプション:

  • backend`: Astra Trident から 1 つ以上のストレージバックエンドを取得します。

  • 'Snapshot` : Astra Trident から 1 つ以上のスナップショットを取得します。

  • 「 torageclass 」: Astra Trident から 1 つ以上のストレージクラスを取得します。

  • 'volume`: Astra Trident から 1 つ以上のボリュームを取得します

イメージ

「 images 」フラグを実行すると、 Astra Trident が必要とするコンテナイメージのテーブルを印刷できます。

Usage:
  tridentctl images [flags]

flags:*-h, --help: イメージのヘルプ。*-v ,--k8s-version string: Kubernetes クラスタのセマンティックバージョン。

ボリュームをインポートします

import volume コマンドを実行して、既存のボリュームを Astra Trident にインポートできます。

Usage:
  tridentctl import volume <backendName> <volumeName> [flags]

エイリアス : volume 'v

フラグ:

  • -f ,--filename string: YAML または JSON PVC ファイルへのパス。

  • -h, --help :ボリュームのヘルプ。

  • ``-- 管理なし `: PV/PVC のみを作成しますボリュームのライフサイクル管理を想定しないでください。

をインストールします

"install" フラグを実行して、 Astra Trident をインストールできます。

Usage:
  tridentctl install [flags]

フラグ:

  • --autosupport-image string : AutoSupport Telemetry のコンテナイメージ(デフォルトは「 NetApp/trident autosupport : 20.07.0 」)。

  • -- autosupport - proxy string : AutoSupport Telemetry を送信するためのプロキシのアドレス / ポート。

  • --csI: CSI Trident をインストールします (Kubernetes 1.13 のみをオーバーライドしますが、機能ゲートが必要です ) 。

  • `--enable-node-prep : 必要なパッケージをノードにインストールしようとします

  • ``--generate-custom-yaml `: インストールしないで YAML ファイルを生成します。

  • -h, --help: インストールのヘルプ。

  • `-- image-registry string : 内部イメージレジストリのアドレス / ポート。

  • --k8s-timeout duration: すべての Kubernetes 操作のタイムアウト ( デフォルトは 3m0s)

  • -- kubbelet-dir string: kubelet の内部状態のホストの場所 ( デフォルトは /var/lib/kubbelet") 。

  • --log-format string: Astra Trident のログ形式 (text,JSON] ( デフォルトは "text") 。

  • --pv string: Astra Trident が使用するレガシー PV の名前は、存在しないことを確認します ( デフォルトは "trident") 。

  • --pvc string: Astra Trident が使用する従来の PVC の名前は、存在しないことを確認します ( デフォルトは "trident") 。

  • --silence -autosupport : AutoSupport バンドルを自動的にネットアップに送信しないでください ( デフォルトは true) 。

  • -- silent : インストール中のほとんどの出力を無効にしなさい。

  • --trident-image string: インストールする Astra Trident イメージ。

  • `--use-custom-yaml `: setup ディレクトリに存在する既存の YAML ファイルを使用します。

  • --use-ipv6 : Astra Trident のコミュニケーションに IPv6 を使用します。

ログ

"logs" フラグを実行して、 Astra Trident からログを印刷することができます。

Usage:
  tridentctl logs [flags]

フラグ:

  • `-a, --archive: 特に指定がない限り ' すべてのログを含むサポート・アーカイブを作成します

  • -h, --help: ログのヘルプ。

  • -l, --log string: アストラトライデントログを表示します。trident | auto | trident-operator | all (デフォルトは「 auto 」)のいずれかです。

  • `-- ノード文字列 : ノードポッドログの収集元となる Kubernetes ノード名

  • `-p, --previous `: 以前のコンテナインスタンスのログが存在する場合は、そのログを取得します。

  • -- sidecars : sidecar コンテナのログを取得します

送信

'end' コマンドを実行して 'Astra Trident からリソースを送信できます

Usage:
  tridentctl send [option]

利用可能なオプション: AutoSupport : AutoSupport アーカイブをネットアップに送信します。

をアンインストールします

uninstall フラグを実行して 'Astra Trident をアンインストールできます

Usage:
  tridentctl uninstall [flags]

flags:*-h, --help: アンインストールのヘルプ。*--silent: アンインストール中のほとんどの出力を無効にします。

更新

「 update 」コマンドを実行して、 Astra Trident のリソースを変更できます。

Usage:
  tridentctl update [option]

利用可能なオプション : backend`: Astra Trident のバックエンドを更新します。

アップグレード

'upgrade' コマンドを実行して 'Astra Trident のリソースをアップグレードできます

Usage:
tridentctl upgrade [option]

使用可能なオプション : volume 'NFS/iSCSI から CSI に 1 つ以上の永続ボリュームをアップグレードします

バージョン

「 rsion 」フラグを実行して、「 tridentctl 」のバージョンと Trident サービスを実行して印刷できます。

Usage:
  tridentctl version [flags]

flags:*--client: クライアントバージョンのみ ( サーバは不要 )*-h, --help: バージョンのヘルプ。