日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スナップショットを操作します

寄稿者

Astra Trident の 20.01 リリースから、 Kubernetes レイヤで PVS のスナップショットを作成できるようになりました。この Snapshot を使用して、 Astra Trident で作成されたボリュームのポイントインタイムコピーを管理し、追加のボリューム(クローン)の作成をスケジュールできます。ボリューム・スナップショットは 'ONTAP-NAS''ONTAP-NAS-flexgroup 'ONTAP-SAN’ONTAP-SAN’ONTAP-エコノミー ''solidfire-san-''solidfire-san-'''solidfire-san-''''' でサポートされています 「 aws -cvs 」、「 gcp-cvs 」、「 azure-NetApp-files 」ドライバ。

注記 この機能は Kubernetes 1.17 (ベータ版)から提供され、 1.20 から GA になります。ベータ版から GA 版への移行に伴う変更点については、を参照してください "リリースのブログ"。GA への卒業とともに 'v1' API バージョンが導入され 'v1beta` スナップショットと下位互換性があります
必要なもの
  • ボリューム Snapshot を作成するには、外部の Snapshot コントローラとカスタムリソース定義( CRD )を作成する必要があります。使用されている Kubernetes Orchestrator (例: Kubeadm 、 GKE 、 OpenShift )の役割を担っています。

次のように、外部スナップショットコントローラとスナップショット作成 SSD を作成できます。

  1. ボリューム Snapshot の作成:

    $ cat snapshot-setup.sh
    #!/bin/bash
    # Create volume snapshot CRDs
    kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes-csi/external-snapshotter/release-3.0/client/config/crd/snapshot.storage.k8s.io_volumesnapshotclasses.yaml
    kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes-csi/external-snapshotter/release-3.0/client/config/crd/snapshot.storage.k8s.io_volumesnapshotcontents.yaml
    kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes-csi/external-snapshotter/release-3.0/client/config/crd/snapshot.storage.k8s.io_volumesnapshots.yaml
  2. 目的のネームスペースにスナップショットコントローラを作成します。以下の YAML マニフェストを編集して名前空間を変更します。

    注記 GKE 環境でオンデマンドボリュームスナップショットを設定する場合は、スナップショットコントローラを作成しないでください。GKE では、内蔵の非表示のスナップショットコントローラを使用します。
kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes-csi/external-snapshotter/release-3.0/deploy/kubernetes/snapshot-controller/rbac-snapshot-controller.yaml
kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes-csi/external-snapshotter/release-3.0/deploy/kubernetes/snapshot-controller/setup-snapshot-controller.yaml
ヒント CSI Snapshotter は、を提供します "webhook を検証しています" ユーザーが既存の v1beta1 スナップショットを検証し、有効なリソースオブジェクトであることを確認できるようにするため。検証中の webhook は、無効なスナップショットオブジェクトに自動的にラベルを付け、今後無効なオブジェクトが作成されないようにします。検証する webhook は Kubernetes Orchestrator によって導入されます。検証するウェブフックを手動で配備する手順を参照してください "こちらをご覧ください"。無効なスナップショットマニフェストの例を探します "こちらをご覧ください"

以下に、スナップショットの操作に必要な構成要素と、スナップショットの作成方法および使用方法の例を示します。

ステップ 1 :ボリューム Snapshot クラスをセットアップする

ボリューム Snapshot を作成する前に、をセットアップします "'VolumeSnapshotClass'"

$ cat snap-sc.yaml
#Use apiVersion v1 for Kubernetes 1.20 and above. For Kubernetes 1.17 - 1.19, use apiVersion v1beta1.
apiVersion: snapshot.storage.k8s.io/v1
kind: VolumeSnapshotClass
metadata:
  name: csi-snapclass
driver: csi.trident.netapp.io
deletionPolicy: Delete

「川」はアストラトライデントの CSI ドライバを指しています。「保持ポリシー」には「削除」または「保持」を指定できます。「 Retain 」に設定すると、「 VolumeSnapshot 」オブジェクトが削除されても、ストレージ・クラスタ上の基盤となる物理スナップショットは保持されます。

手順 2 :既存の PVC のスナップショットを作成します

$ cat snap.yaml
#Use apiVersion v1 for Kubernetes 1.20 and above. For Kubernetes 1.17 - 1.19, use apiVersion v1beta1.
apiVersion: snapshot.storage.k8s.io/v1
kind: VolumeSnapshot
metadata:
  name: pvc1-snap
spec:
  volumeSnapshotClassName: csi-snapclass
  source:
    persistentVolumeClaimName: pvc1

スナップショットは 'PVC1' という名前の PVC 用に作成されており ' スナップショットの名前は PVC1-snap' に設定されています

$ kubectl create -f snap.yaml
volumesnapshot.snapshot.storage.k8s.io/pvc1-snap created

$ kubectl get volumesnapshots
NAME                   AGE
pvc1-snap              50s

これにより 'VolumeSnapshot' オブジェクトが作成されましたVolumeSnapshot は PVC に似ており、実際のスナップショットを表す「 VolumeSnapshotContent 」オブジェクトに関連付けられています。

「 PVC1-SNAP 」ボリューム Snapshot の「 VolumeSnapshotContent 」オブジェクトを指定することができます。

$ kubectl describe volumesnapshots pvc1-snap
Name:         pvc1-snap
Namespace:    default
.
.
.
Spec:
  Snapshot Class Name:    pvc1-snap
  Snapshot Content Name:  snapcontent-e8d8a0ca-9826-11e9-9807-525400f3f660
  Source:
    API Group:
    Kind:       PersistentVolumeClaim
    Name:       pvc1
Status:
  Creation Time:  2019-06-26T15:27:29Z
  Ready To Use:   true
  Restore Size:   3Gi
.
.

「スナップショットコンテンツ名」は、このスナップショットを提供する VolumeSnapshotContent オブジェクトを識別します。' 使用準備完了 ' パラメータは ' スナップショットを使用して新しい PVC を作成できることを示します

手順 3 :ボリューム Snapshot から PVC を作成します

スナップショットを使用して PVC を作成する例は、次のとおりです。

$ cat pvc-from-snap.yaml
apiVersion: v1
kind: PersistentVolumeClaim
metadata:
  name: pvc-from-snap
spec:
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  storageClassName: golden
  resources:
    requests:
      storage: 3Gi
  dataSource:
    name: pvc1-snap
    kind: VolumeSnapshot
    apiGroup: snapshot.storage.k8s.io

「 dataSource 」は、「 PVC1-SNAP 」という名前のボリューム Snapshot をデータのソースとして使用して PVC を作成する必要があることを示します。このコマンドを実行すると、 Astra Trident が Snapshot から PVC を作成するように指示します。作成された PVC は、ポッドに接続して、他の PVC と同様に使用できます。

注記 スナップショットが関連付けられている永続ボリュームを削除すると、対応する Trident ボリュームが「削除状態」に更新されます。Astra Trident ボリュームを削除するには、ボリュームの Snapshot を削除する必要があります。

詳細については、こちらをご覧ください