日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

tridentctl を使用してバックエンド管理を実行します

寄稿者

tridentctl を使用してバックエンド管理操作を実行する方法について説明します

バックエンドを作成します

を作成したら "バックエンド構成ファイル"を使用して、次のコマンドを実行します。

$ tridentctl create backend -f <backend-file> -n trident

バックエンドの作成に失敗した場合は、バックエンドの設定に何か問題があります。次のコマンドを実行すると、ログを表示して原因を特定できます。

$ tridentctl logs -n trident

構成ファイルの問題を特定して修正したら ' 再度 create コマンドを実行します

バックエンドを削除します

Astra Trident からバックエンドを削除するには、次の手順を実行します。

  1. バックエンド名を取得します。

    $ tridentctl get backend -n trident
  2. バックエンドを削除します。

    $ tridentctl delete backend <backend-name> -n trident
注記 Astra Trident で、まだ存在しているこのバックエンドからボリュームとスナップショットをプロビジョニングしている場合、バックエンドを削除すると、新しいボリュームをプロビジョニングできなくなります。バックエンドは「削除」状態のままになり、 Trident は削除されるまでそれらのボリュームとスナップショットを管理し続けます。

既存のバックエンドを表示します

Trident が認識しているバックエンドを表示するには、次の手順を実行します。

  • 概要を取得するには、次のコマンドを実行します。

    $ tridentctl get backend -n trident
  • すべての詳細を確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ tridentctl get backend -o json -n trident

バックエンドを更新します

新しいバックエンド構成ファイルを作成したら、次のコマンドを実行します。

$ tridentctl update backend <backend-name> -f <backend-file> -n trident

バックエンドの更新が失敗した場合、バックエンドの設定に問題があるか、無効な更新を試行しました。次のコマンドを実行すると、ログを表示して原因を特定できます。

$ tridentctl logs -n trident

構成ファイルの問題を特定して修正したら 'update コマンドを再度実行できます

バックエンドを使用するストレージクラスを特定します

ここでは ' バックエンド・オブジェクトの tridentctl 出力と同じ JSON を使用して回答で実行できる質問の例を示しますこれには 'jq' ユーティリティが使用されますこのユーティリティをインストールする必要があります

$ tridentctl get backend -o json | jq '[.items[] | {backend: .name, storageClasses: [.storage[].storageClasses]|unique}]'

これは、「 TridentBackendConfig 」を使用して作成されたバックエンドにも適用されます。