日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Amazon FSX for NetApp ONTAP で Astra Trident を使用

寄稿者

"NetApp ONTAP 対応の Amazon FSX"は、 NetApp ONTAP ストレージ・オペレーティング・システムを搭載したファイル・システムの起動と実行を可能にする、フルマネージドの AWS サービスです。Amazon FSX for NetApp ONTAP を使用すると、使い慣れたネットアップの機能、パフォーマンス、管理機能を活用しながら、 AWS にデータを格納する際の簡易性、即応性、セキュリティ、拡張性を活用できます。FSX は、 ONTAP のファイルシステム機能と管理 API の多くをサポートしています。

ファイルシステムは、オンプレミスの ONTAP クラスタに似た、 Amazon FSX のプライマリリソースです。各 SVM 内には、ファイルとフォルダをファイルシステムに格納するデータコンテナである 1 つ以上のボリュームを作成できます。Amazon FSX for NetApp ONTAP を使用すると、 Data ONTAP はクラウド内の管理対象ファイルシステムとして提供されます。新しいファイルシステムのタイプは * NetApp ONTAP * です。

Amazon Elastic Kubernetes Service ( EKS )で実行されている Astra Trident と Amazon FSX for NetApp ONTAP を使用すると、 ONTAP がサポートするブロックボリュームとファイル永続ボリュームを確実にプロビジョニングできます。

警告
ONTAP ファイルシステム用に Amazon FSX を作成します

自動バックアップが有効になっている Amazon FSX ファイルシステムで作成されたボリュームは Trident で削除できません。PVC を削除するには、 PV と ONTAP ボリュームの FSX を手動で削除する必要があります。

この問題 を回避するには、次の手順

  • ONTAP ファイル・システム用の FSX を作成する場合は 'Quick create を使用しないでくださいクイック作成ワークフローでは、自動バックアップが有効になり、オプトアウトオプションはありません。

  • Standard create を使用する場合は、自動バックアップを無効にしてください。自動バックアップを無効にすると、 Trident は手動操作なしでボリュームを正常に削除できます。

    自動バックアップを無効にしている AWS コンソールのスクリーンショット。

Astra Trident の詳細をご確認ください

Astra Trident を初めて使用する場合は、以下のリンクを使用して確認してください。

ドライバー機能の詳細をご覧ください "こちらをご覧ください"

NetApp ONTAP 用の Amazon FSX では、を使用します "FabricPool" ストレージ階層を管理します。データへのアクセス頻度に基づいて階層にデータを格納することができます。

Astra Tridentは、「vsadmin」のSVMユーザとして、または同じロールを持つ別の名前を持つユーザとして実行されることを想定しています。Amazon FSX for NetApp ONTAP には’fsxadmin’ユーザーがいますこれはONTAP のadminクラスタ・ユーザーの限定的な置き換えです「vsadmin」のSVMユーザがより多くのAstra Trident機能にアクセスできるため、「fsxadmin」ユーザをTridentとともに使用することはお勧めしません。

ドライバ

Astra Trident と Amazon FSX for NetApp ONTAP を統合するには、次のドライバを使用します。

  • 「 ONTAP-SAN」 :プロビジョニングされる各 PV は、 NetApp ONTAP ボリューム用の独自の Amazon FSX 内の LUN です。

  • 「 ONTAP と SAN の経済性」:プロビジョニングされた各 PV は、 NetApp ONTAP ボリュームの Amazon FSX ごとに構成可能な数の LUN を持つ LUN です。

  • 「 ONTAP-NAS' :プロビジョニングされた各 PV は、 NetApp ONTAP ボリューム用の完全な Amazon FSX です。

  • 「 ONTAP-NAS-エコノミー 」:プロビジョニングされた各 PV は qtree であり、 NetApp ONTAP ボリュームの Amazon FSX ごとに設定可能な数の qtree があります。

  • 「 ONTAP-NAS-flexgroup 」:プロビジョニングされた各 PV は、 NetApp ONTAP FlexGroup ボリューム用の完全な Amazon FSX です。

認証

Astra Trident には、次の 2 つの認証モードがあります。

  • 証明書ベース: Astra Trident は、 SVM にインストールされている証明書を使用して、 FSX ファイルシステムの SVM と通信します。

  • 認証情報ベース:ファイルシステムには「 fsxadmin 」ユーザを、 SVM には「 vsadmin 」ユーザを使用できます。

    警告 バックエンドの構成には’fsxadmin’ではなく’vsadminユーザーを使用することを強くお勧めしますAstra Trident は、このユーザ名とパスワードを使用して FSX ファイルシステムと通信します。

認証の詳細については、次のリンクを参照してください。

Amazon FSX for NetApp ONTAP を使用して、 EKS に Astra Trident を導入して設定する

必要なもの
  • 既存の Amazon EKS クラスタまたは 'kubectl' がインストールされた自己管理型 Kubernetes クラスタ

  • クラスタのワーカーノードからアクセスできる、 NetApp ONTAP ファイルシステムと Storage Virtual Machine ( SVM )用の既存の Amazon FSX 。

  • 準備されているワーカーノード "NFS か iSCSI か"

    注記 Amazon Linux および Ubuntu で必要なノードの準備手順を実行します "Amazon Machine Images の略" ( AMIS ) EKS の AMI タイプに応じて異なります。

Astra Trident のその他の要件については、を参照してください "こちらをご覧ください"

手順
  1. ./trident-get-started/Kubernetes -deployment.html のいずれかを使用して Astra Trident を導入します(導入方法 ^ )。

  2. Trident を設定する手順は次のとおりです。

    1. SVM の管理 LIF の DNS 名を収集します。たとえば、 AWS CLI を使用して、次のコマンドを実行した後、「 Endpoints 」 → 「 Manager 」の下にある「 D NSName 」エントリを探します。

      aws fsx describe-storage-virtual-machines --region <file system region>
  3. 認証用の証明書を作成してインストールします。「 ONTAP-SAN' バックエンド」を使用している場合は、を参照してください "こちらをご覧ください"。「 ONTAP-NAS' バックエンド」を使用している場合は、を参照してください "こちらをご覧ください"

    注記 ファイルシステムにアクセスできる任意の場所から SSH を使用して、ファイルシステムにログイン(証明書をインストールする場合など)できます。「 fsxadmin 」ユーザ、ファイルシステムの作成時に設定したパスワード、「 aws FSX describe -file-systems 」の管理 DNS 名を使用します。
  4. 次の例に示すように、証明書と管理 LIF の DNS 名を使用してバックエンドファイルを作成します。

    {
      "version": 1,
      "storageDriverName": "ontap-san",
      "backendName": "customBackendName",
      "managementLIF": "svm-XXXXXXXXXXXXXXXXX.fs-XXXXXXXXXXXXXXXXX.fsx.us-east-2.aws.internal",
      "svm": "svm01",
      "clientCertificate": "ZXR0ZXJwYXB...ICMgJ3BhcGVyc2",
      "clientPrivateKey": "vciwKIyAgZG...0cnksIGRlc2NyaX",
      "trustedCACertificate": "zcyBbaG...b3Igb3duIGNsYXNz",
     }

バックエンドの作成については、次のリンクを参照してください。

注記 'ONTAP-SAN' および 'ONTAP-SAN-エコノミー のドライバには 'atalif' を指定しないでください Astra Trident がマルチパスを使用できるようにします
警告 「 limitAggregateUsage 」パラメータは、「 vsadmin 」および「 fsxadmin 」ユーザアカウントでは機能しません。このパラメータを指定すると設定処理は失敗します。