日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

要件

寄稿者

サポートされるフロントエンド、バックエンド、およびホスト構成を確認することから始めましょう。

注記 Trident が使用するポートについては、を参照してください "こちらをご覧ください"

サポートされるフロントエンド(オーケストレーションツール)

Trident Astra は、次のような複数のコンテナエンジンとオーケストレーションツールをサポート

  • Anthosオンプレミス(VMware)とAnthos:ベアメタル1.9、1.10、1.11

  • Kubernetes 1.18-1.24

  • Mirantis Kubernetes Engine 3.4

  • OpenShift 4.7 、 4.8 、 4.9 、 4.10

Trident オペレータは、次のリリースでサポートされています。

  • Anthosオンプレミス(VMware)とAnthos:ベアメタル1.9、1.10、1.11

  • Kubernetes 1.18-1.24

  • OpenShift 4.7 、 4.8 、 4.9 、 4.10

Astra Trident は、 Google Kubernetes Engine ( GKE )、 Amazon Elastic Kubernetes Services ( EKS )、 Azure Kubernetes Service ( AKS )、 Rancher 、 VMware Tanzu Portfolio など、フルマネージドで自己管理型の Kubernetes サービスが数多く提供されています。

サポートされるバックエンド(ストレージ)

Astra Trident を使用するには、次のバックエンドを 1 つ以上サポートする必要があります。

  • NetApp ONTAP 対応の Amazon FSX

  • Azure NetApp Files の特長

  • Astra データストア

  • Cloud Volumes ONTAP

  • Cloud Volumes Service for GCP

  • FAS/AFF / Select 9.3 以降

  • ネットアップオール SAN アレイ( ASA )

  • NetApp HCI / Element ソフトウェア 11 以降

機能の要件

次の表は、このリリースの Astra Trident で利用できる機能と、サポートする Kubernetes のバージョンをまとめたものです。

フィーチャー( Feature ) Kubernetes のバージョン フィーチャーゲートが必要ですか?

CSI Trident

1.18~1.24

いいえ

ボリューム Snapshot

1.18~1.24

いいえ

ボリューム Snapshot からの PVC

1.18~1.24

いいえ

iSCSI PV のサイズ変更

1.18~1.24

いいえ

ONTAP 双方向 CHAP

1.18~1.24

いいえ

動的エクスポートポリシー

1.18~1.24

いいえ

Trident のオペレータ

1.18~1.24

いいえ

自動ワーカーノード準備(ベータ版)

1.18~1.24

いいえ

CSI トポロジ

1.18~1.24

いいえ

テスト済みのホストオペレーティングシステム

デフォルトでは、 Astra Trident はコンテナで実行されるため、任意の Linux ワーカーで実行されます。ただし、その場合、使用するバックエンドに応じて、標準の NFS クライアントまたは iSCSI イニシエータを使用して Astra Trident が提供するボリュームをマウントできる必要があります。

Astra Trident は、特定のオペレーティングシステムを正式にサポートしているわけではありませんが、次の Linux ディストリビューションが動作することはわかっています。

  • OpenShift Container Platform でサポートされている Red Hat CoreOS ( RHCOS )バージョン

  • RHEL または CentOS 7.4 以降

  • Ubuntu 18.04 以降

tridentctl ユーティリティーは ' これらの Linux ディストリビューションでも動作します

ホストの設定

使用しているバックエンドによっては、 NFS や iSCSI のユーティリティをクラスタ内のすべてのワーカーにインストールする必要があります。を参照してください "こちらをご覧ください" を参照してください。

ストレージシステムの構成:

Trident を使用するには、バックエンド構成でストレージシステムを使用する前に、一部の変更が必要になることがあります。を参照してください "こちらをご覧ください" を参照してください。

コンテナイメージと対応する Kubernetes バージョン

エアギャップのある環境では、 Astra Trident のインストールに必要なコンテナイメージを次の表に示します。tridentctl images コマンドを使用して ' 必要なコンテナイメージのリストを確認します

Kubernetes のバージョン コンテナイメージ

v1.18.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.19.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.20.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • K83.GCR.IO/sig-storage/csi-Provisioner : v3.1.0

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k8s.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter:v5.0.1

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.21.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • K83.GCR.IO/sig-storage/csi-Provisioner : v3.1.0

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k8s.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter:v5.0.1

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.22.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • K83.GCR.IO/sig-storage/csi-Provisioner : v3.1.0

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k8s.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter:v5.0.1

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.3.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • K83.GCR.IO/sig-storage/csi-Provisioner : v3.1.0

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k8s.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter:v5.0.1

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

注記 Kubernetesバージョン1.20以降では、検証済みの「k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter:v5.x`イメージを使用します。これは、「v1’バージョンが「volumesnapshotes.snapshot.storage.k88.io`CRD」に対応している場合にのみ使用します。v1beta` のバージョンが v1beta` のバージョンの有無に関わらず CRD にサービスを提供している場合は、検証済みの「 k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter: v3.x' 」イメージを使用します。