日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

複数の Astra Trident インスタンスを管理

寄稿者

複数のストレージ構成を同時に使用する必要がある場合は、 Trident の複数のインスタンスが必要です。複数のインスタンスを作成するには、を使用して異なる名前を付けます --alias オプションにコンテナ化プラグインを指定するか、を指定します --volume-driver ホストでTridentをインスタンス化する際のオプション。

Docker Managed Plugin (バージョン 1.13 / 17.03 以降)の手順

  1. エイリアスと構成ファイルを指定して、最初のインスタンスを起動します。

    docker plugin install --grant-all-permissions --alias silver netapp/trident-plugin:21.07 config=silver.json
  2. 別のエイリアスと構成ファイルを指定して、 2 番目のインスタンスを起動します。

    docker plugin install --grant-all-permissions --alias gold netapp/trident-plugin:21.07 config=gold.json
  3. ドライバ名としてエイリアスを指定するボリュームを作成します。

    たとえば、 gold ボリュームの場合:

    docker volume create -d gold --name ntapGold

    たとえば、 Silver ボリュームの場合:

    docker volume create -d silver --name ntapSilver

従来の(バージョン 1.12 以前)の場合の手順

  1. カスタムドライバ ID を使用して NFS 設定でプラグインを起動します。

    sudo trident --volume-driver=netapp-nas --config=/path/to/config-nfs.json
  2. カスタムドライバ ID を使用して、 iSCSI 構成でプラグインを起動します。

    sudo trident --volume-driver=netapp-san --config=/path/to/config-iscsi.json
  3. ドライバインスタンスごとに Docker ボリュームをプロビジョニングします。

    たとえば、 NFS の場合:

    docker volume create -d netapp-nas --name my_nfs_vol

    たとえば、 iSCSI の場合:

    docker volume create -d netapp-san --name my_iscsi_vol